« 2009年5月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年6月

2009年6月20日 (土)

侠客☆吉宗くん

ダービーも終わってだいぶ経ちます、結果は大雨の影響で14着…crying

というか、マー君最後は歩いてました、でもレース後も故障もなく元気にしていると聞きホッとしているところです。

Torai

最近趣味で始めた畑仕事で立ったり座ったり、足腰には少し良いのですが、自己流では作物も育たず、壁にぶつかっています…

まあ、そんなことは置いておいて…今日は以前から時々紹介させていただいている趣味のブログ小説、「侠客☆吉宗くん」を書きながらふっと思った事を書きたいと思います。

克服記と言いながら、毎回内容は馬のことだったり、違った事ばかり…ごめんなさーい…ただ良いのか悪いのか、体に関してはこれといった変化はなく、横ばい状態、でも大好きなお馬さんや、下手くそですが小説をはじめて、心の充実と元気がもりもり、そんなことも含めて元気いっぱいな様子をお知らせ出来れば、そう思っていますcoldsweats01

 

ブログ小説ですが、吉宗君を書き始めて早いもので1年と半年、それまでにまださぼったりで85話までしか出来ていないのですが、自分なりにちょっとだけ納得いくものが書けています。

下手さと文章力の無さは、生まれつきで、どうにもならないのですが、以前出版社に持ち込みをしていたころのお話に比べて、少しだけ奥行が出てきた気がしています。

以前のお話は、主人公がいて悪者がいて、ヒロインがピンチになって主人公が悪者をやっつけて、ちゃんちゃんsign03 そんな感じだったのですが、今心がけているのは、悪者にも悪者になったわけがあって、その人にもちゃんとそうなった過去や生い立ちがある、その事をたとえ本編では書けなくても、しっかり伝わってもらえたら、そう思って書いています。

それから主人公が入ってしまったテキヤという世界、たしかにヤクザ稼業といわれても、ちょっと違う、実は私自身、昔手伝ったりしたことがあったのですが、その時のみなさん本当に明るくて楽しい方々が多くて、そんな楽しさも伝えられたら、そんな事を思っています。

ちょっと最近内容が重くなってきてしまっているのですが、常に笑えるお話にして、読んで下さった方の心の中がポット明るくなってくれたら、それを第一に考えながら書かせてもらっています…

そんな気持で書かせてもらっている吉宗君、一人でも多くの方に読んでいただきたい、実はすごーく願っています…

というわけで、この場をお借りして、またまた宣伝させてくださいませ…

「侠客☆吉宗くん」ぜひ読んでみてくださいね…

それで、時々でかまいませんので、感想のコメントなどいただけれると、すごーく励みになってしまうのです…

こちらの闘病記にお越しいただいた方は、本当に真剣に悩まれて苦しい中にいらっしゃる方も多いと思います…

私も最初に後従靭帯骨化症と診断され、右手がしびれ言う事が効かなくなり、足もまともに動かなく走ることができなくなった時は、真っ暗闇のなかにいました…

術後も思ったようにすかーっと回復せず、イライラすることもいっぱいでした、でも、今はすごーく楽しく笑いながら過ごしています。

それは、病気をきっかけに始めたホームページ、それによって書き始めた、趣味の小説やかわいいお馬さんたちのおかげだと思っています。

吉宗くんのお話前半や途中のソープランドのシーンなどは、どなたが読まれても結構笑ってもらえると思います、本当にまだ読んで下さっていない方、騙されたと思って読んでみてくださいね

Ganbatte

最近のお話しもけっこう重いのですが、最後には必ず胸にぐっときて暖かい気持ちになれるよう心がけながら書き続けていますので、どうぞよろしくお願いしまーす。

またまた、宣伝ですいませーん

本当に一生懸命がんばってるのでcoldsweats01 吉宗くんへは下のイラストから入れますです

宣伝です
一人でも多くの方に笑ってもれえればと、がんばって楽しく書いている私のオリジナル小説です^^読んで笑って嫌なことなど吹き飛ばしちゃって下さいねhappy01down

Yosimunerogo
goodお笑いブログ小説『侠客☆吉宗くん』fuji

up意気揚々と就職した先はなんと任侠の世界だった、笑いと感動と涙&ちょっとエッチありのお笑い漫画小説です。ドジでちょっと間抜けな吉宗くんの頑張りをお楽しみくらしゃいheart04

同じような悩みと闘っている方々のブログを紹介して下さっているサイト
ブログ村へは↓下のバナーから入場できます。
このブログも紹介してくださっています、ぜひポチっとおねがいします

にほんブログ村 病気ブログ 首・肩・背中・腰の病気へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年12月 »