« 2009年12月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年3月

2011年3月17日 (木)

被災地の皆様へ

地震から一週間、今だ行方不明の方々、被災された方々、避難所でつらい日々を送られているたくさんの方のつらい思いを考えると、胸が締め付けられる思いです。

一日も早く、十分な物資が避難所や、また救援も待っている被災地の方々に届くことを、そして一日でも早く、東北関東で被災された方々に笑顔が戻ってくれることを祈っています。

また、福島の原発事故に対して、命がけで戦ってくださっている自衛隊はじめ、関係者のみなさまには、心から感謝しています。

電気を当たり前のように無駄使いしてきた私たちのつけを払わせてしまい、心痛い思いです、原発事故に対している皆様が、どうかみな無事でありますよう、そしてこの窮地が無事におおさまりますよう、心から願っております。

ただただ、離れたところで祈るしかできず申し訳ありません

 

たくさんの方々が命がけで頑張っているというのに、私は数日前バカな考えちがいから、スーパーでレトルトカレーなどの買い占めをしてしまいました

にこにこしながら荷物を抱えて会社に戻ったところ、玄関でつまずいて右手の薬指を地面にたたきつけてしまいました、薬指が変な所でぐにゃっと曲がるのを見て、これは折れたか?っと思いましたが、現在腫れは残っていますが骨折はしていなかったようです

同時に、自分の我が身かわいさの行動に対して、とても恥ずかしい気持ちになりました。

被災地で避難されている方、それにいまだ救助を待っている方、そして物資がまったく届かず水も電気もガスも使えずに苦労なさっている方を差し置いて、自分だけが腹いっぱい飯を食べてやろうなんて、とんでもない身勝手な考え、ふかーく反省しております。

それ以来、スーパーに行っても、その時必要なものだけを買うように心がけています。

また、震災直後に今までお世話になっている四国のJAさんから、お米をたくさん注文したのですが、それも現在私の住む稲城市で救援物資を集めていることを伺いましたので、そちらに届けさせてもらおうと思います。

血はつながっていなくても、みんな兄弟、私が書いている小説の主人公である心優しい吉宗君を見習って、たくさんのつらい思いをされている兄弟のためにお、私もできる限りの協力させていただこうと思います。

私の闘病記を読んでくださっている方に宮城や茨城、福島、ほか被災地の方もいらっしゃることを以前アクセスログから拝見していました、その方々が再び楽しく笑って、そして元気になっていただけるよう、これからしっかりコツコツと、この克服記そして闘病記も再開させていただこうとおもいます。

日本は今は真っ暗闇のなかにいます、でも開けない夜はありません…

苦しみ、そして悲しみを乗り越えた先には、必ず明るい春の日差しがまっています、だから頑張って!私もいっしょに頑張ります!

それから、これで日本という国は終わったわけじゃない!

最後に、地震によって亡くなられたたくさんの方々、心からご冥福をお祈りしております…

そして、被災られ行方不明のたくさんの方々、無事生還されることを祈っています。

Seiryuuakenuyorunasi_2

先日というか昨年の検診の様子なども近日アップしますdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2011年6月 »