なごみの森の物語

はじめはただの夢でした…

いつか、小さな子供達からおじいちゃん、おばあちゃんまで、みーんなで楽しめるテーマパークを作りたい…そこには馬がいて、うさぎがいて…訪れた人が、み~んな、み~んな、優しい笑顔になれる素敵なテーマパーク…happy02

Totokun_3 

10年前、友人にそう語って、笑われた夢物語…

これは、土木のおじさんと、土木のしゃちょさん…、小さな土木屋を営む奇妙で愉快な二人のおじさんが、何も無いゼロからそんな夢物語を実現させてしまう物語……coldsweats02、あいやsweat01 実現させてしまう、かもしれない…そんな物語なのです…coldsweats01sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

闘病奮闘記発売日決まりました

なごみの森とはまだ関係は無いのですが、2011年11月1日文芸社さんより『闘病奮闘記』という本が発売されます。合計38名の方の闘病記録が掲載された本なのですが、実はそのなかに『祐ちゃんは元気です』というお話があります。その祐ちゃん、じつは私の長女のお話なのです。

Toubyouhuntouki_4

他の方のお話も読ませていただいていますが、すごくみなさん苦労をなさっていて、正直中アから大賞なんて決めてしまってはよくないのでは…そんなことを感じてしまいました。

でも、文芸社さんすごく良い本を出すな~confident そんな事を言いながら読んでいます。

そごくおすすめですので、ぜひぜひ読んで見て下さいね。

先ほど調べたところ、アマゾンの購入リンクができていましたので、こちらからも買えるようにボタンをつけておきます

ちょっと余談というか、なんというか…実は『闘病奮闘記』へエッセイを応募するきっかけになった本が、今年の12月に発売になります。こちらなのですがdown

Pancho1

実はこれって、「なごみの森」で企画して昨年から作り続けていた本なのです。

著者は金 水龍先生。実は私の義理の父にあたる方です。

『太平洋戦争が終わり、父と母の祖国韓国へもどった少年にまっていたのは、パンチョッパリ(半分日本野郎)という酷い呼び名だった…』

一見暗そうですが、けっこう笑えるシーンや初恋のシーンそのほか、心がポッと温まるところもあったりすごくよく仕上がった本です。

イラストと校正それに執筆のお手伝いを私もしておりますので、ぜひぜひ読んでみてください。

それから、現在「パンチョッパリ」のオフィシャルサイト(ちょっと大げさですが)なるものを制作中です。

まだまだ中途半端なサイトですが、リンク設置しておきます。

『なごみの森企画 小説パンチョッパリ』

本当に中途半端ですが。これから密度を濃くしていく予定です。そして、パンチョッパリを応援してくださるサポーターさんも募集中ですhappy01

詳しくはサイトにて随時アップしていきます。

おきますので見て下さいね^^

ではでは、いつの日かなごみの森が完成することを願いつつ…wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

なごみの森オープンへ頑張る二人

なごみの森オープンへ向け、現在森の整備に頑張る、土木のしゃちょさん、そして、別のところから森のオープンへ向けがんばる土木のおじさん…さて、ふたりの夢、なごみの森は完成するのでしょうか…

|