« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

「夢見るサラン」より、松田のぶお作イラスト、サラン、ハヌル、フィマンの三兄弟です^^

またまた、パンチョッパリ表紙絵担当の松田のぶお作…「夢見るサラン」より、サラン、ハヌル、フィマンの三兄弟イラストです^^

手にしているのは「ハンマウンキーホルダー」…みんなのびのび楽しそう^^

Sankyoudai

現在、FBで知り合ったお友達とこの子たちで物語を考えようと計画中^^

出来上がったらこちらの「パンチョッパリサイト」でも紹介します

 一人でも多くの方に本書を読んで頂けるよう心より願っております。

また、フェイスブックに、小説「パンチョッパリ」のページを作成いたしました。定期的に情報など更新させていただいております。

フェイスブック小説「パンチョッパリ」ページ

フェイスブックをお持ちの方はぜひこちらで「いいね」をしていただけると、すごーく嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

小説「パンチョッパリ」表紙イラストの松田のぶお作、フリーイラスト「縁起のいい、フィマン君とドラゴン君」アップしました^^

おはようございます^^…

昨年12月に発刊した「パンチョッパリ」 おかげさまで沢山の方から、暖かい感想をいただいております。

そのお礼もかねて今日はとっても縁起のいいイラストをフリーイラストとしてアップします^^

『フィマン君とドラゴン君』

(クリックすると大きな画像になります↓)

Fiman

実はこの男の子、以前紹介した生野南地区の情報誌『ヨボセヨ』さんのイメージキャラとして誕生した子なのですが、その名前は大阪生野の朝鮮学校の子供たちがみんなで考えてくださり、

『フィマン』(希望)という名前に決定しました^^

みんな~可愛い名前をありがとうね^^

というわけでこのフィマン君…我が家でもプリントして西の壁に貼り付けています^^

きっとみなさまにも、よいことがたくさんありますように…願いを込めてアップします^^

フリーイラストなのでご自由にダウンロードしてご利用ください^^

 一人でも多くの方に本書を読んで頂けるよう心より願っております。

また、フェイスブックに、小説「パンチョッパリ」のページを作成いたしました。定期的に情報など更新させていただいております。

フェイスブック小説「パンチョッパリ」ページ

フェイスブックをお持ちの方はぜひこちらで「いいね」をしていただけると、すごーく嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

当サイトへ暖かい感想コメントを頂戴いたしましたので、改めてアップさせていただきました^^

5月20日、当ブログへ「パンチョッパリ」への感想をいただきましたので、あらためてご紹介っせていただきます。

小説パンチョッパリという題名に、ふと子供の頃に耳にした言葉だなと思いだし、早速本を購入しました。

韓国人の父親と日本人の母親の血が流れる私としては、子供の頃によく韓国人の友達から言われた言葉です。

でも決して海守や龍太、永吉のような関係であってとても仲良しでした。父は50年まえにいなくなって母方の姓を名乗り、生きてきましたが金永龍さん程の苦労はしていないまでも似たような経験をした自分にとって今となっては良き思い出である子供の頃のことを思い出させてくれた小説でした。

でも気になります。その後の海守と龍太、永吉は再会できたのでしょうか。続編待っています。

 

とても嬉しい感想ありがとうございました。本書が懐かしい昔の事を思いだすきっかけになっていただけて、とても感激しております。

本当にありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

大阪市の張さんより嬉しい感想をいただきました^^

フェイスブックで親しくさせていただいている大阪の張さんが、パンチョッパリをアマゾンで購入してくださり、こんな暖かい感想をくださいました^^
 
 
在日2世の自伝的小説「パンチョッパリ」

一言で言うと、あまりにも読みやすく、イラストによって想像をより一層巡らせのめり込むように、入り込んだ一冊でした。

著者が私のアボジの世代で、同じく在日という運命に翻弄されてきた同じ同胞であることから
スラスラと読めたのかもしれません。
...

読んでみて、近代の朝鮮半島をめぐる歴史を教科書や歴史学書ではなく、「パンチョッパリ」という小説によってわかりやすく再認識できました。

読み終わると同時に、その後の青年期を早く読みたいと思ったのは、私だけでしょうか(笑)

PS.学生の頃、読書感想文の宿題は不得意だったので、読んだ小説のネタを書いていましたが、今回はより多くの人たちに読んでいただきたく、ネタばらしはしないようにします(-。-)y-
゜゜゜
すごい簡潔でそれでいてわかりやすく、思わず私もまた読み直しちゃおうとおもってしまうくらい素晴らしい感想でした^^
本当にありがとうございました。
 
この「パンチョッパリ」という小説から朝鮮半島の歴史を知るきっかけをつかみ、さらに学ぼうという方も増えています。実は私もその一人でした^^

 一人でも多くの方に本書を読んで頂けるよう心より願っております。

また、フェイスブックに、小説「パンチョッパリ」のページを作成いたしました。定期的に情報など更新させていただいております。

フェイスブック小説「パンチョッパリ」ページ

フェイスブックをお持ちの方はぜひこちらで「いいね」をしていただけると、すごーく嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

またまた嬉しい感想をいただきました^^ありがとうございます

以前よりパンチョッパリを応援してくださっている、金修堅さんから先日メッセージをいただきました^^。海外にお住いの修堅さんのチングさんからのパンチョッパリの感想です(^-^)
 
 
 
『 2ヶ月ほど前に海外に在住するチングに本を贈りました。
その感想が今朝届きましたので、時間がある時にでもご覧下さい。
...  (以外に転載)

 お元気ですか? もう、1週間ほど前になりますが、パンチョッパリを読み終わりました! おっしゃる通り、他の本とは違って、読むのが早い、早い! 興味津々でもう、読んでると止まらなかったです。 この本で自分が習った歴史の復習をしながら、やっぱり、歴史は大切やなーっと思いました。 この作者は別に日本を批判したいのではなく、そして、朝鮮、韓国を批判するのではありませんが、戦争はあってはいけない、戦争に対する反感が私には響きました。 戦争さえなければ、こんな事は起こらなかったのだなーっと。 別に、日本人とかコリアンとか関係なく、色んな人に読んでもらいたいなっと感じたのが私の感想です。 本当に有難うございました。 まだ小さな娘にもちゃんと日本語を教えて、読めるようにします! 10年後の話ですが・・・笑 』
 
 
 
修堅さんそして、チングさん、ありがとうございました~^^
とても嬉しい感想に感動しました~。
著者の思いとメッセージを感じ取ってくださりとても嬉しいです^^…。
 
Img009

 一人でも多くの方に本書を読んで頂けるよう心より願っております。

また、フェイスブックに、小説「パンチョッパリ」のページを作成いたしました。定期的に情報など更新させていただいております。

フェイスブック小説「パンチョッパリ」ページ

フェイスブックをお持ちの方はぜひこちらで「いいね」をしていただけると、すごーく嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »