« 第六冊 小説「パンチョッパリ」を熱く語る | トップページ | 第八冊「侠客☆吉宗くん」を熱く語る »

2011年11月 9日 (水)

第七冊 「蒼穹の昴」を熱く語る

さあ、ここしばらく手前味噌ばかり語ってきましたが、ここらで軌道修正、手前味噌はときどきちらちらと書かせていただき、本来の趣旨である私の大好きな歴史小説をば、今日は熱~く語りたいと思います。happy01

今日語らせていただくのは浅田次郎先生の代表作『蒼穹の昴』

Subaru

この本はすばらしいです。私は本当に大好きな小説です。なんというか読み終えたときの気持ち…私は文庫ではなくハードカバーの上下刊で読んだのですが、思わず二冊とも胸に抱きしめ

「浅田先生…ありがとう…crying 素晴らしい物語をありがとう…crying 」

そんな事を何度もつぶやいてしまいました。そのくらい名作ですね。

お話は清王朝の末期、糞拾いの子、春雲がすべての宝を手に入れるため、自ら大切な一物をぶったぎって宦官として紫禁城へ入っていくのです。あれやこれや説明しようと思っても私のボキャブラリーの足りない頭ではこの素晴らしいお話は語れません。

せっかく文庫でも発売されたので、これは絶対に『読むべし!読むべし!読むべし!』(あしたのジョー風に)読むべーしでせす。

いまだに疑問はなぜこれほどの作品が直木賞をとれなかったか…まだ若き日、私は友人と熱く語っていました。ここまで書いてるんだから当然、

お薦め度は ☆☆☆☆☆ 満点☆5つですsign03

「はあ、落ち着いたらもう一度読ませてもらおうかな~。ちなみに私の書庫に大切に保管されている蒼穹の昴には、浅田先生直筆のサインが書かれているのですよー。どうですすっごいでしょうhappy01 あの本は私の家法です。

それからこんな写真もあります

Asadasennsei

浅田先生と熱く語らせていただいた時の写真です。熱くといっても調布市で主催していただいたものですが、先生が本にサインをしてくださった時、ポチッと押してくださった落款印。私はあれに憧れて自分でも落款印なるものを彫ってしまいました。ちなみに浅田先生の横でときめき笑顔で突っ立っている、うすらでかい男が私です。周りの友人も人生をどうどうと歩んでる連中なので、顔出ししてしまいました。みんな浅田先生の大ファンなのです。

最後に一言だけ…。NHKの蒼穹の昴…。ありゃなんじゃangry ありゃいかんぜよsign03 といいつつ全話楽しみにしながら見てしまった私だったのでした。。。coldsweats01

|

« 第六冊 小説「パンチョッパリ」を熱く語る | トップページ | 第八冊「侠客☆吉宗くん」を熱く語る »

読書の薦め第一章」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/53203304

この記事へのトラックバック一覧です: 第七冊 「蒼穹の昴」を熱く語る:

« 第六冊 小説「パンチョッパリ」を熱く語る | トップページ | 第八冊「侠客☆吉宗くん」を熱く語る »