« 第七冊 「蒼穹の昴」を熱く語る | トップページ

2011年11月28日 (月)

第八冊「侠客☆吉宗くん」を熱く語る

今日は熱く語る前にこちらのイラストから…

Pantu

実はこれってブログ小説「侠客☆吉宗くん」の中に出てくる1シーンcoldsweats02

「どひゃー!お姉ちゃんたちが大股おっぴろげて金魚すくいしとるぞーsign03

その他にも、

Miiraotoko

こんなシーンや

Barukonni

こんな女の子も登場しちゃったり、おまけに、こんなデンジャラスな場面も

Oiketu

 sign02

実はこの漫画って「侠客☆吉宗くん」の中の挿絵なのです。このお話は作者自らが仕事の合間を見ては趣味で楽しみながら書いている小説で、自由にのびのびと書かれています。

物語のあらすじは、本当にごく普通の青年、一条吉宗(いちじょうよしむね)くん、超天然で心優しく、正義感が人一倍強い彼が、ひょうんなことからテキヤ家業に就職することに…。今まで見たこともなかった怖い人たちに囲まれながら、その天然パワーで頭角をあらわしてしうまう吉宗くん。ちょっとエッチで楽しく笑えて、そしてジーンとくるシーンもちりばめられており、ほんとうに楽しめる漫画小説「侠客☆吉宗くん」

実はこれ、全話無料で読めてしまうのですhappy02

以前この物語の作者が友人から言われたことがあります。

「ただで読ませるなんて、もったいないんじゃないかこの物語?」

その言葉に作者は一言。

「このせしがない世の中、これを読んでホンワカとした笑顔になってくれる人がいてくれるだけで、私は満足なんですよ…」

友人はこの気前の良い一言にぶっとんでしまったそうです。そんな作者の人柄をあらわすようなイラストがこちら

Basunonaka

Yssimune99nemuri

なんだかホンワカしたシーンで良いですね。

この侠客吉宗くんは私にとって超、超、ちょーうお薦め当然ここまで言うのだから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 星10個満点星ですhappy01

ブログ小説『侠客☆吉宗くん』は下のバナーからも入れます。

クリックしてね→Yosimunebanar_2

実は1話を読まれた方のほとんどが、一気に100話以上の続きを読んでいってくれている楽しいお話。今日はこの侠客☆吉宗くんを熱く熱く語らせていただきました。

happy01

あっ、そうそう、大切なことを言い忘れていましたが。実はこのお話の作者って…

「わたし…」ですcoldsweats01

結局宣伝かいsign03

Takakura 

|

« 第七冊 「蒼穹の昴」を熱く語る | トップページ

超お薦めの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/53357664

この記事へのトラックバック一覧です: 第八冊「侠客☆吉宗くん」を熱く語る:

« 第七冊 「蒼穹の昴」を熱く語る | トップページ