« 吉宗くんイラスト集 その2 | トップページ | 第14話 ゴッツ追島 »

2008年2月18日 (月)

第13話 恐怖の影

「私、応援してます、、、、吉宗くんのこと、、、」

憧れのめぐみちゃんの、その言葉は、単純な僕にとって最高の活力剤だった。そして僕は誰もいない鬼瓦興業の玄関で小さく拳を握りしめて、つぶやいた

「がんばろう!うん、がんばるよー、、、、よし、がんばるぞーー、」

 

「何をがんばるの?」

「えー?!あーーーー銀二さん!」

気がつくと後ろには、僕のボストンバックをもった銀二さんの姿があった

「部屋案内してやるから、ほらこれ、、、」

銀二さんはボストンバックを僕に差し出した

「あ、すいません」

僕は銀二さんからボストンバックを受け取ると、いそいそと銀二さんの後ろをついて、寮と思われる場所へ向かう長い廊下を歩きだした

「まず、親父さんの挨拶が先だからな、親父さんは高倉の若頭よりも挨拶はうるさいから、しっかりやれよ」

「は、はい!」

「それから、ここじゃみんな、社長じゃなくて、親父さんって呼んでっから、今からお前もそう呼べよ、」

「おやっさん、、、ですか?」

「そう、それから奥さんは、姐さん」

「あねさん、、、、は、はい」

僕と銀二さんはさっそく、社長あらため親父さんの元へ、顔を出した

 

「失礼しまーす」

銀二さんはそう言って挨拶すると、後ろでぼっとしている僕をぎろっとにらんだ

「あ、失礼しまーす」

「おーう」

親父さんは、別室の居間で鉄に肩をもませながらテレビを見ていた

「おい銀二、見ろこのニュース、動物園で、ゴリラが逃げちまったんだとよ、みんな大騒ぎだ」

親父さんはそう言いながら、テーブルの木箱からタバコを取り出し口にくわえた。

すると小気味よいテンポで銀二さんが、持っていたライターで親父さんがくわえていたたばこに火をつけた

「親父さんそれじゃお先、休ませていただきます。」

銀二さんはそう言いながら、股を開き気味に正座すると、両手をついて礼儀正しく挨拶をかわした。

僕もその様子を見よう見まねで、同じように親父さんに挨拶をした

「お、、親父さん、、、僕もお先に休ませていただきます」

「おう、ごくろうさん、明日も早いから、しっかり寝ておけよ!」

親父さんはたばこをふかしながら、しぶーい目をして、僕に微笑んでくれた

「ところで、親父さん、こいつどこの部屋住まわせれば良いんすかね?」

銀二が尋ねると、

「お前らのとこじゃ狭いしな、、、、おう、あそこあいてんだろ、オイの所」

「え?!、お、オイさんの所ですか?」

「おう、この間ひとり居なくなったばかりだし、奴も喜ぶだろ」

「は、、、、はあ、、、、」

銀二さんは返事をしながら、青ざめた顔を僕に向けた

何となく僕は不安になったが、親父さんの言いつけに従って、そのオイさんという人の部屋に銀二さんと向かった。

「あ、あの銀二さん、さっきお話していたオイさんっていったい?」

「ん、、、?、ああ、俺達の先輩でな、今日は川崎の方で露店(バイ)が入ってたから、おそいんだ」

「、、、、、、はあ、、、」

僕は何となく嫌ーな予感がしたが、しぶしぶ銀二さんの後ろをついて、部屋にむかって歩き続けた

「おう、ここだ」

銀二さんはそう言うと、古びたふすまを、ばっと開け放った

むわーーーーーーー!

ふすまの中からは、まるで獣のような異臭が廊下に向って噴き出してきた

「ぶわーーーー!くせーーー」

銀二さんは、鼻をつまみながら、部屋の中に入ると、あわてて窓を開け、暗い部屋の電気をパッとつけた。

「うわーー!!」

僕たちはその部屋の凄まじさに、一瞬氷のように固まってしまった。

敷きっぱなしの蒲団には、所々に薄茶色のしみがこびりついており、あちら、こちらにゴミが散乱して、まさに足の踏み場もない散らかりようだった。

テーブルの上には読み散らされたエロ本数十冊と、巨乳のお姉さんがナース姿で股間に茄子をはさんでいるパッケージのDVD、銀二さんはそのDVDをつまみながら

「ナースでなーすだと、、信じらんねえの見てんな、このおっさんは、、、とりあえず入ってこいよ吉宗」

僕はしかたなく、そのすさまじい部屋に足を踏み入れた、

 

ぐにゃ~!!

 

「!?」

僕の足元で、嫌な感触がした、

まさか、またしてもウンチ?

僕はおそるおそる足元を見た、するとそれは一枚のコンニャクだった

「なんだー、コンニャクか、よかったー」

僕はそう言いながら、そのコンニャクを拾い上げた

しかし、よく見るとそのコンニャクには、横に大きな穴が開いていた

「なんだろう、この穴?」

僕はコンニャクを上に持ち上げて、穴の中を覗き込んだ

Konnyak

「あー、馬鹿やめろー!!」

銀二さんの大きな声が聞こえるのと同時に、コンニャクの中からどろっとした白い液体が流れ出し、覗いていた僕の顔に見事命中した

「ぐわぁー、な、何だこの液体はー?」

「あーあ、馬鹿ー、だからやめろって言ったのに」

僕は顔の液体を手でぬぐい、その匂いを嗅いでみた、するとそれは、僕にとっても嗅ぎ覚えのある、一瞬漂白剤のような香りの液体だった

「ま、まさか、これって、、、、、」

「そのまさかだよ、、、お前も時々出すだろ、、、同じの、、、」

 

「、、、、、、、、、、、、、」

 

僕はその一言でお地蔵さんのように固まってしまった

「お前って、信じられねえくらい面白すぎるなー、いきなり顔面シャワーかよ、くーくくくく」

銀二さんはそう言いながら、お腹をかかえて笑いころげていた

「ちょっとー、何でこんなものが落ちてるんですかー!!」

僕はそのコンニャクを片手に銀二さんに近づいて行った

「知るかよそんなのー、わー汚ねー、来るなバカー!」

銀二さんはそう言いながら、あわてて部屋の外に逃げて行ってしまった

「あー銀二さん!!」

 

僕は手にしていたコンニャクに気づき、あわててそれを投げ捨てると、一人半ベソをかきながら、ぶざまな顔面シャワー姿でたたずんでいた。

  

少しして銀二さんが布団をかかえてもどってきた、

「ほれ布団、それから便所と洗面所は廊下出て左、」

そう言い残すと、銀二さんは、笑いながら一目散に出て行ってしまった。

「あーーー銀二さーん!!」

それから僕は、洗面所でぶざまな顔を洗い流し、これから暮らす部屋を少しだけかたずけると、部屋の隅っこに、銀二さんからもらった布団を敷いて床についた。

僕はしばらく落ち着かず、あたりをきょろきょろしていたが、今日一日の疲れのせいか、いつの間にかぐっすりと眠りについていた。

 

 

どれくらいたったか、僕は廊下で聞こえる、猛獣のような声と巨大な足音に目をさました

「ぐうーーーーー、ぐうーーーーーー」

ドスン、ドスン、ドスン、ドスン

「!?、、、、、」

猛獣のような唸り声と足音は、だんだん僕の部屋の方へと近ずいてきた、、

「な、、何だー、こ、この鳴き声は、、、、」

僕は布団を頭からかぶり、恐怖で震えながら、ふっと親父さんが居間で話していたニュースを思い出した 

(おい銀二、見ろこのニュース、動物園で、ゴリラが逃げちまったんだとよ、みんな大騒ぎだ) 

「そ、そう言えば親父さん、さっきあんなことを、、、、それにここって、確か近くに大きな動物園があったよなー」

ドスン、ドスン、ドスン、ドス!!

猛獣のような足音が部屋の前で止まった

そしてその猛獣は、いきなり入口のふすまを、がばっと開け放つと、

「ぐうおおおおおおおおおおお」

と大声をあげながら部屋の中に入ってきた

「、、、、、あわ、あわ、あわ、、、」

僕は、震えながらも、そーっと布団の隙間から、外を覗き見た

「あっ!?」

その瞬間、あまりの恐怖に一瞬呼吸が出来なくなってしまった、

そう、僕の目の前には、ニュースで話していた、巨大なマウンテンゴリラが、さまじい形相で、僕を睨み据えていたのだ、、、、、

Gottuoijima

つづく

続き
第14話、ゴッツ追島

Onegai001   
にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へにほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
good↑青いボタンとピンクのボタンを、一日ワンクリックして頂けると、
吉宗くんのポイントアップにつながり、すごーく励みになります。
侠客☆吉宗くんの他、
楽しいブログがいっぱい紹介されているサイトです^^
clover
クリックしてもお金はかかりませんよーん clover

|

« 吉宗くんイラスト集 その2 | トップページ | 第14話 ゴッツ追島 »

第一章 侠客鬼瓦興業」カテゴリの記事

コメント

こんにゃくの部分が変わってしまいましたね!^^;

あれはあれで面白かったから変えなくて良かったのに・・・

幻の文章がもったいないですね(笑)

投稿: 楽楽 | 2008年2月18日 (月) 22時11分

楽楽さんこんばんわー^^

そう言われて改めて読み返すと、やっぱりあれは面白いですね^^
吉宗君には可哀そうですが、楽楽さんのあたたかーい意見を参考に審議の結果、彼には顔面シャワーを体感してもらうことに決定いたしましたshock
というわけで幻の名場面こっそり復活してますよー^^

投稿: 光一郎 | 2008年2月19日 (火) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/40127185

この記事へのトラックバック一覧です: 第13話 恐怖の影:

« 吉宗くんイラスト集 その2 | トップページ | 第14話 ゴッツ追島 »