« 第17話 吉宗くん愛の幽体離脱 | トップページ | 第19話 閻魔のハゲ虎 »

2008年3月 3日 (月)

第18話 めぐみちゃんの涙

前日から始まったお祭りも、今日はお神輿も出るとあってか、たくさんの人で賑わっていた

テキヤ二日目を迎え、スキンヘッドの熊井さんとの対決という大きな壁を、みごと愛の力で乗り越えた僕は、幸せの絶頂のなかで、仕事に励んでいた

なんで幸せかって?

それはもちろん、僕の隣に憧れのめぐみちゃんがいるからなのだ!

 

「はい、百円ねー、、、、ありがとうー」

めぐみちゃんは、その美声とまぶしい笑顔で、飴を買いにきた子供達とふれあっていた。僕はそんなめぐみちゃんの姿を、ポーと頬を染めながらニコニコ笑顔で見つめていた

Megubaito2 

「みんな無邪気で可愛いですねー、、」

めぐみちゃんは優しい笑顔で振り返った 

「え?、、、あ、、そうだね、、、」 

僕は急に彼女と目があって、ドキドキしながら返事を返した、めぐみちゃんは露店(さんずん)の外の賑わいに目を移すと、ちょっと寂しげに微笑んだ

「私ね、小さいとき、お祭りって大好きだったんです、、、母につれてきてもらっては、こうした飴をよく買ってもらったんです」

「へえ、、、、お母さんに」

「うん、、、、」

 

めぐみちゃんは、できたての飴を袋につめながら、静かにうなずいた。僕はどことなく寂しそうな笑顔が気になって、そっとめぐみちゃんに声をかけた

「めぐみちゃんのお母さんって、きっと優しい人なんだろうね、、、」

めぐみちゃんは、笑顔で僕に振りかえると静かに話しを始めた 

「うん、、、とっても優しい人だったって、鬼瓦のおばさんも話してくれました、、、あ、鬼瓦のおばさんと、私のお母さん、親友だったんですよ」

「鬼瓦のおばさんって、社長の奥さんでしょ、へえ、、親友だったんだ、、!?」

僕はそう言いながら、はっとあることに気が付いた

 

「優しい人だったって、、、?」

 

めぐみちゃんは静かにうつむいた

 

「うん、、、私のお母さん、私が小さい時に病気で、天国にいっちゃったんです」

 

「え?、、、あ、、ご、ごめんね、、、何も知らずに、」

めぐみちゃんは首を振りながら優しく微笑んだ

 

「私ね、お母さんとの楽しかった思い出って、こうした縁日によく連れて来てもらったことなんです、、、だから私、お祭りに来るたびに、そばにお母さんがいるような気がして、、、、」

めぐみちゃんは声を少し詰まらせながら、遠くを静かに見つめていた

 

「め、、、めぐみちゃん、、、、、」

 

僕の言葉に、めぐみちゃんは、唇をすこしかみながら振り返り、透き通るような笑顔で微笑んだ

「ごめんね、吉宗くん、、いきなりこんな話し、、、、なんだか吉宗くんとは、とても話しやすくって、、、気にしないでね、もう昔のことだし、、、」

「それにお母さんがいなくなってからは、鬼瓦のおばちゃんが本当の娘のように私のことを可愛がってくれて、よくお祭りにも連れて来てくれたんだ、、」

 

僕は静かにうなずきながら、めぐみちゃんの話しを聞いていた

 

「お祭りっていっても、おばちゃんも昔は仕事で来てたから、実は私も隣でこうやって手伝ってたんだ、」

「どうりで、、、、お客さん相手になれてるなーと思ったら、実はベテランだったんだね」

「ベテランだなんて、なんか変、、、、」

めぐみちゃんはそう言いながら楽しそうに笑った、僕は彼女のそんな笑顔を見ていて、心がキュンとなる思いだった

 

「さあ、仕事仕事ー!!」 

めぐみちゃんは、そう言うと、急に明るく笑って声を張り上げた

 

「さあ、いらっしゃい、いらっしゃいー!
べっこう飴おいしいですよー!」

 

そしてめぐみちゃんは、ぼうっと彼女を見つめている僕に、いたずらな笑顔で話しかけてきた

「何やってるんですか!しっかり頑張らないと、また追島さんにしかられちゃいますよー」

「あ、、、、うん」

僕は慌てて銅板の上に並んだ型枠に熱い飴を流し込んだ、そして型に入った飴が、固まるのを待ちながら、そっとめぐみちゃんを見た

そこには小さな子供達の目線にしゃがんで、優しく飴を手渡している、天使のようなめぐみちゃんの姿があった

(辛く悲しい思い出がを背負いながらも、こんなに明るくて、やさしくて、、、よし、僕はめぐみちゃんのためなら、例え火の中水の中、どんな辛いことがあってもがんばるぞ、、、、!)

僕は心の中で熱い炎をたぎらせながら、そう誓いを立てていた、

 

「よし!」

僕はそうつぶやくと、固まり始めたべっこう飴に、へらを使ってサラサラと絵を描き始めた、そして固まった飴を型からはずすと、その一つをめぐみちゃんに差し出した

 

「めぐみちゃん、、、、こ、、、これ!」

 

めぐみちゃんは子供達に手を振りながら、僕の手のなかの小さなべっこう飴を見て目を輝かせた

「わー!何これー、、、、」

それは、小さな型に可愛い女の子を描いた僕の力作のべっこう飴だった

「これ、、、めぐみちゃんに、、」

僕は真っ赤になりながら、めぐみちゃんにその飴を手渡した 

「かわいいー、ありがとう、、、あっ?!」

めぐみちゃんは手にしたべっこう飴の中に書かれた小さな文字に目をとめた 

『メグチャン ガンバ!!』

へらでそう書かれた飴をうれしそうにじーと見つめていためぐみちゃんは、静かに無言でうんとうなずいた後、キラキラ輝くような目で僕を見つめた

 

「ありがとう、、、吉宗くん、これ大切にするね、、、」 

めぐみちゃんは、その飴を小さなビニールの袋に入れて口をきゅっと閉めると、いつまでも嬉しそうに眺めていた、そして元気に振り向いて僕を見ると

「本当にありがとう、やっぱり吉宗くんってやさしいんだね、私が思っていた通りだった、、」

とびっきりの笑顔で、最高の言葉を返してくれた 

「いや、、そんなやさしいだなんて、、、ははは」

(うれしいぃ~、うれしすぎる~)

 

僕は、天にも昇る最高の気持だった、そしてその勢いに乗った僕は思いきってあることをめぐみちゃんに尋ねた

「あ、あの、、、めぐみちゃん、、、」

「はい?」

「あ、、、あの、す、、、、好きな人は、、い、、いるんですか、、?」

 

僕のその言葉でめぐみちゃんはとびっきりの笑顔から、驚きの顔にかわった、そしてそのまま下をうつむいて黙り込んでしまった 

「え、、、、あ、、、、!」

僕はその彼女の様子に動揺し言葉を失ってしまった、

 

(やっぱり好きな人いるんだー、)

 

僕はそう思ったとたん、天国から奈落の底へと突き落される気もちだった、、そして僕は黙ってうつむいているめぐみちゃんに対して、必死に作り笑いで声をかけた

 

「あ、、、ごめん、、急に変なこと聞いちゃったりして、、、ははは、好きな人、、、やっぱりいたんだね、、ははっは、めぐみちゃんくらい可愛ければ付き合ってる人だって、、ははは」

僕のそんな言葉に、めぐみちゃんは一瞬きょとんとした顔をすると、そのあと小さく首を振った

 

「好きな人はいません、、、、」

「え、、、、!?」

 

「それに、お付き合いしている人もいません、、、、、」

僕は目をパチパチしながらめぐみちゃんを見つめた、そして、めぐみちゃんの口から発せられたその言葉に押されて、僕の心は再び奈落の底から這い上がり、またしても空をパタパタと飛びはじめた、、、、

(春だー、やっぱり春が来たー)

僕は心をパタパタ羽ばたかせながら、得意のお公家様顔でにんまりしていた

 

「好きな人も、付き合っている人もいないけど、、、、でも、、、、」

「え?」

 

僕の心はパタパタ羽ばたくのをぴたりと止めると、彼女の話の続きに真剣に耳をかたむけた 

「で、、、でも?」

 

「うん、、、、でも私、人を好きになってはいけないんです、、、」

「、、、!?」

「私は人を好きになっちゃいけないんです、、、、、」

めぐみちゃんはそう繰り返すと、悲しそうに涙を浮かべてうつむいた、、、

 

(人を好きになっちゃいけない、、、?)

僕はめぐみちゃんの言葉に動揺しながら、彼女の前でお地蔵さんのようにじっと固まってしまったのだった

つづく

続き
第19話 閻魔のハゲ虎へ

イラストカットは後日公開します^^ 

Onegai001   
にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へにほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
good↑青いボタンとピンクのボタンを、一日ワンクリックして頂けると、
吉宗くんのポイントアップにつながり、すごーく励みになります。
侠客☆吉宗くんの他、
楽しいブログがいっぱい紹介されているサイトです^^
clover
クリックしてもお金はかかりませんよーん clover

|

« 第17話 吉宗くん愛の幽体離脱 | トップページ | 第19話 閻魔のハゲ虎 »

第一章 侠客鬼瓦興業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/40354697

この記事へのトラックバック一覧です: 第18話 めぐみちゃんの涙:

« 第17話 吉宗くん愛の幽体離脱 | トップページ | 第19話 閻魔のハゲ虎 »