« 第18話 めぐみちゃんの涙 | トップページ | 第20話 めぐみちゃん指名手配? »

2008年3月 6日 (木)

第19話 閻魔のハゲ虎

「私、人を好きになっちゃいけないんです、、、、、」

めぐみちゃんはそう言うと、その目にうっすら涙を浮かべて、うつむいた

「人を好きになっちゃいけないって、、、いったいどうして、、、?」

僕は小さな声で、めぐみちゃんに尋ねた、しかし彼女は僕にプレゼントされたべっこう飴を見つめたまま、じっと口をとざしていた、、

Nayami

僕はそんなめぐみちゃんを見ていて、それ以上質問をくりかえすことは出来なかった

 

「ごめんね、吉宗くん、変な話ししちゃって、、、」

めぐみちゃんはうっすらたまった涙を指でぬぐうと、また明るい笑顔で僕にむきなおった

 

「さあ、仕事仕事ー、しっかり売り上げ伸ばさないと、本当に追島さんに怒られちゃいますよー!」

「あ、、、うん、、、」

めぐみちゃんはそれから先は、すっかりもとの明るい彼女に戻って、元気に大声を出しながらお客さんと接していた

(好きになっちゃいけない、、、、、)

僕はその言葉が気になってしかたなかった、しかし午後になると、お祭りに現れる客足がふえ、それにつられ、僕たちのべっこう飴売り場も急激に忙しくなり、僕はあれこれ考える暇もなく、ひたすら飴作りに追われていった

 

 

そのころ、神社の入り口近くでは、汗を流しながら綿菓子を作っていた追島さんのもとへ、やたら目つきの鋭い初老の男が、意味ありげに近づいていた

「おーう、追島、ずいぶんと儲かってるじゃねーか、、、」

 

初老の男は小柄な身体に灰色のスーツをビシッと着こなし、真ん丸い顔に、どう見ても似合わないサングラスをかけていた、そしてその頭は見事ピカピカに禿げあがり、その姿は例えて、サングラスを掛けたボーリング玉がスーツを着て歩いているそういった奇妙な男だった

追島さんは一瞬そのボーリング玉男に目をとめたが、面倒くさそうに眼をそらして、並んでいるお客さんに綿菓子を売りはじめた

「ハイ、500円、好きなの選んでー」

追島さんはそう言いながら綿菓し売場の入り口にぶら下がっている、キャラクターの袋を指さした

「おじちゃん、これ、、、」

小さな子供はレンジャーものの絵がついた袋を抱えると嬉しそうに走りさった。

 

初老のボーリング玉男はその様子を覚めた目で見たあと、並んでいる綿菓子をパンパン叩きながら追島さんに近づいた

「しかし、こんなもんが500円とは、相変わらずぼろい商売してやがるぜ、、」

「原価かかってから、しょーがねえんすよ!」

追島さんはぶっきらぼうに言い放つと、割り箸を回転させて綿菓子を作り始めた、そんな様子を薄気味悪い目で見ていたボーリング玉男は、その頭をキラキラさせながら、追島さんのすぐわきに近寄った

「何が原価だ、ザラ目の砂糖だけじゃねーか、、、」

「袋が高いんすよ、袋が、、、」

追島さんはそう言いながらキャラクターの袋にばっと綿菓子をいれて口を閉めた、ボーリング玉男は、ふっと嫌味な笑みを浮かべると、鋭い目つきで追島さんを睨みながら、もごもごと話しをはじめた

  

「夕べな、この近くの建設資材置き場で派手なケンカがあってな、、、非害者の話じゃ相手は鬼みてえに強いやつだったんだとよ、、、」

「、、、、、、」

追島さんはまったく知らん顔で、たばこに火をつけると、ふーっと煙をふかしながら、隣で焼きそばを焼いていた男の人に向かって咳払いをした

  

「追島、、、下手人はお前じゃねーだろうな、、、、んー?」

ボーリング玉男は、その頭をギラッと輝かせながら、鋭い目つきで追島さんを睨み据えた

 

「勘弁して下さいよーだんな、、、俺はゆんべは新潟で夜中まで仕事だったっての、、、」

 

「それじゃ、お前ん所の若いもんじゃねーのか?隠しだてしてっと後でろくなことねーぞ、、、」

「言いがかりもいい加減にしてくれや、だんなー、見てのとおり今忙しんすよ、、、、」

追島さんのそっけない素振りに、ボーリング玉男は嫌味な笑いを浮かべた

 

「まあ、いいやそんなちんけな事件より、聞きてえことがある、、、、」

ボーリング玉男はそういうとすさまじい光を頭と目玉から発しながら、追島さんを睨み据えた、、、、

 

 

「兄貴ー!吉宗の兄貴ー!!」

僕とめぐみちゃんのべっこう飴売場に、鉄があわてて走り寄って来た

「どうしたんだい?鉄くん、、」

「鉄君じゃなくて、鉄っす、、、鉄、、」

「あ、、ごめん鉄、、、で、どうしたんだい?あわてて、、、」

「これっすよ、これ、、、、」

鉄は、片手で輪を作り、その手をおでこにあてて、一生懸命僕に合図をした

 

「え?なに、、なにそれ、、、?」

「デコスケ、、デコスケっすよー!昨日の兄貴の喧嘩探りにきやがったんすよ、、、」

「デコスケが喧嘩の探り?、、、鉄、、なんだいそのデコスケって、、、」

僕は訳が分からず戸惑っていた、すると思いもかけないところがら、その答えた帰って来た

 

「刑事よー、刑事、、、、」

振り向くとそこには額に冷や汗を流しながら動揺しているめぐみちゃんの姿があった

 

めぐみちゃんは慌てて鉄に聞き返した

「鉄君その刑事ってまさか、、、、」

「、、、、そ、そのまさか、、、、まさかっす、、、、閻魔の旦那っす、、、、」

「閻魔、、、、、!?」

めぐみちゃんの穏やかだった顔は、みるみるうちに青ざめていった、僕は彼女の急な動揺姿に驚きをかくせず、ただただ訳が分からないまま、めぐみちゃんと鉄を交互に見つめていた

Oedoroki  

「閻魔のハゲ虎、、、、、、た、、、たいへん、、、、」

 

めぐみちゃんはそう言うと、あわてて露店(さんずん)の下へ潜り込んで僕に小声で訴えてきた

「吉宗くんお願い、もしも私のこと、その刑事に聞かれても、絶対知らないって言ってね、、、」

「え、、、、あ、、、うん、、」

 

僕は急な出来事に驚きながらも、これは一大事と直感した、そして刑事に見つからないように、大慌てで三寸の中にいるめぐみちゃんを、空き箱や袋で覆い隠した

「こ、、これでよし、、、」

僕はめぐみちゃんの姿がすべて見えなくなったのを指差し確認した、

そして僕は何事もなかったように立ち上がり、露店(さんずん)から外を見てギョッと震え上がった

「、、、うわ!?」

なんと僕の目の前には、頭をキラキラ輝かせ、サングラスの中から鋭い眼光で僕をじっとみつめている、スーツ姿のボーリング玉男が立っていたのだった。。。。

Enma_2 

つづく

続き
第20話めぐみちゃんは指名手配?へ

Onegai001   
にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へにほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
good↑青いボタンとピンクのボタンを、一日ワンクリックして頂けると、
吉宗くんのポイントアップにつながり、すごーく励みになります。
侠客☆吉宗くんの他、
楽しいブログがいっぱい紹介されているサイトです^^
clover
クリックしてもお金はかかりませんよーん clover

|

« 第18話 めぐみちゃんの涙 | トップページ | 第20話 めぐみちゃん指名手配? »

第一章 侠客鬼瓦興業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/40367896

この記事へのトラックバック一覧です: 第19話 閻魔のハゲ虎:

« 第18話 めぐみちゃんの涙 | トップページ | 第20話 めぐみちゃん指名手配? »