« 第36話 ツンパ、パイオツの余禄 | トップページ | パンツ丸見え漫画 »

2008年5月16日 (金)

第37話 パンツ丸出し無料サービス

ピンク、赤、ベージュに黒、女子高生たちのミニスカートの中から姿をあらわしたカラフルパンツ達の共演に、僕は釘ずけ状態になってしまっていた

Pantu_2 

(だめだ、、、この子たちはお客さんなんだぞー!)

(何をいってるんだよ、銀二さんが言ってたろ、これも余録だから、たっぷり見ておけ、、、)

僕の心の中では、見てはいけないという正義の心と、たっぷり見てやれという、エロい心が闘い続けていた

(いけない、、、見てはだめだー!)

僕は必死になってエロい心を押さえつけながら、視線を彼女たちの下半身から上に移した

しかし、そこにも新たなるエロい光景が、、、

何と前かがみになって金魚を真剣に追いかけている女子高生たちのみだらに開いたブラウスの中から、これまたカラフルなブラジャー達が、どうですかー!と言わんばかりに覗いていたのだった

 

(な、、なに、、、、!?)

 

「あーん、もう、この子すばしっこいよー!」

一人の女子高生がそう言いながら身体を揺さぶった

と同時にブラウスの中で、ピンクのブラにおおわれた熟しきった、みごとなおっぱいが、ぷるん、ぷるん、ぼよよーん と、いやらしく弾んだのだ

 

「うぐお!?」

僕はあわてて視線を下に移した、が、そこに待っていたものは、あまりにも真剣になりすぎてさらにおっぴろがってしまった太ももから、さっきよりも、まーる見えになっているパンツちゃんだったのだ、、、、

 

「どうだ、、、、ツンパ、パイオツ余録つき、、いいだろー」

銀二さんが動揺している僕の耳元でささやいた、僕はその瞬間はっと気がついた

(そうだったのか、、、ツンパはパンツ、パイオツはおっぱい、、、赤たん水チカ、ツンパ、パイオツ余録つき、それってこの事だったんだ、、、、、)

気がつくと同時に僕は銀二さんに振り返って、思いもかけない言葉を口にしてしまった

 

「い、、、いいです、、これ、、」

 

そう言って銀二さんを見つめる僕の目は、みごとに血走っていた、、、それは僕のエロい心が正義の心に完全に勝利してしまった証だった

 

僕は鼻息を荒げながら再び女子高生たちを見た、

人は真剣になればなるほど、無防備になっていく、気がつくと彼女たちのミニスカートからのぞく太ももは、さらに、ガバッとおっぴろがって、パンチラどころか、全員見事な丸出し無料サービス状態となっていたのだった、、、

 

「こ、、これは、すごすぎる、、、、、!」

同時に僕の鼻からは一本の鼻血がたらーーっと、流れ落ちた、、、、

(良いぞ、、、これってすごく良いぞぉ、、、、、、)

僕は完璧なエロ親父と化して、女子高生パンツ丸出し無料サービスを眺めつづけていた、、、、

 

「あーん、もうやぶれちゃったー、くやしーーー!」

一人の女子高生が悔しそうに穴のあいたポイを、持ち上げた

「やだー、私もやぶれちゃったー」

彼女たちは口々にそう言いながら、悔しがっていた、、、、

 

「もう一回やるかい?今なら大サービス、一人3回で200円にまけちゃうよー」

銀二さんがそう言いながら、たくさんのポイを女子高生たちの前に差し出した

 

「えーー、もういいよー、私たちお金ないもん、、」

「他に買いたいものとかあるしさ、、、」

女子高生は口ぐちにそう言い始めた

(何だ、、もう終わりか、、、、)

そう思った、その時、いつのまにか僕の隣にいた一人のおじさんが、そっと千円札を差し出した

 

「これで、もっと遊びなさい、、、、」

 

「え!?」

 

振り返るとそこには、女子高生たちに千円札を差し出しながら、ほっぺをピンクに染めて、鼻の下をでれーっと伸ばした、べっこう飴の山さんが立っていたのだ

なんと山さんも自分の露店をほっぽり出して、ツンパとパイオツの余録を楽しんでいたのだった、、、、

「えーーー!おじさん、いいのー、超うれしいーー!」

「おじさんも超うれしいよー」

山さんは幸せそうな笑顔で、そう言いながら僕に千円を手渡した、

「僕も超うれしいです、、、、、」

気がつくと僕までそんな事を口ずさんでしまっていた、、、

 、

「はーい、彼女たちー、みんながんばってー、がんばってーー!」

銀二さんは嬉しそうに女子高生たちにポイをたくさん配りまくっていた

 

それから、どれくらいたったか、僕と銀二さん、そしていつの間にか僕の隣に椅子をもってきて座っている山さん、三人は股間をもっこりさせながら、キャッピキャピの、女子高生にたーっぷりと至福のひと時を味あわせてもらったのだった、、、、

(良い、、、、これって絶対に良い、、、、、)

僕はめぐみちゃんのことなどすっかり忘れ、とめどなく流れる鼻血をおさえながら、にやけまくっていた、、

 

やがて、自分たちのパンツとブラを、目の前の男たちに、たーぷりサービスしていたとは露ともしらない女子高生たちは、片手に小さな金魚の入った袋をぶら下げて、お大師さんの奥に消えていった、同時に銀二さんと山さんも、さみしげに自分の持ち場に帰って行った

 

「さあ、いらっしゃい、いらっしゃいーーー!、金魚すくい一回200円ですよー!!」

僕は更なる余録を楽しみに、にんまり笑顔で大声を張り上げていた、、、 

 

「あー、先生、見て見て、金魚すくいだよー!」

少し離れたところで、かわいい女の子の声が聞こえてきた

見るとそこには数人の小さな子供たちが、後ろから歩いてくる女性にうれしそうに声をかけていた

「先生、金魚すくいやりたい、やりたい、、、」

「はいはい、ちょっと待ってね、、、」

そう言いながら子供たちの後ろから一人のきれいな女性が姿をあらわした

「すいません、一回おいくらですか?」

女性は手にしていた可愛いお財布からお金を出しながら、僕に近づいて来た

「あ、、、一回、二百円ですけど、、、、?」

「!?」

僕はその女性を見てハっと驚いた 

そこに立っていたのは、昼間保育園にいた、追島さんが恋こがれる、あの美しい保母さんだったのだった、、

Sensei2_2 

続き
第38話 官能と恐怖と純白の余禄へ

パンツ丸出しイラストは近日アップします^^あふあふう~lovely
Onegai2

にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
good↑侠客☆吉宗くんの他、楽しい
ブログがいっぱい紹介されているサイトです^^
clover
クリックしてもお金はかかりませんよーん clover

|

« 第36話 ツンパ、パイオツの余禄 | トップページ | パンツ丸見え漫画 »

第一章 侠客鬼瓦興業」カテゴリの記事

コメント

ツンパとパイオツの意味がやっとわかりました~(爆)

今日、うちの近くでお祭りがあり、テキヤさんがたくさん出てました。
金魚すくいの前で思い出し笑いをしてしまった私(爆)
これは光一郎さんを喜ばせないと…
金魚すくいのお兄さん側に回り込んでしばらく観察を~
でも、ミニスカートの女子高生は1人も現れず、
あまり粘りすぎると怪しいおばさんになりそうなのでその場を立ち去りました~(笑)

投稿: 楽楽 | 2008年5月18日 (日) 00時59分

楽楽さん、こんばんわー^^

まさか金魚すくいのお兄さん側にまわりこんで観察していたとは(笑
せっかくだからテキヤのお兄さんに、「ツンパとパイオツの余録あった?」なんて聞いちゃえばよかったですね^^

実はこのお話、昔、幼馴染の的屋の先輩から教わった真実なのですよー^^、
でもミニスカートの女子高生が本当に現れて、ツンパがみえちゃったら、後ろで楽楽さんも大笑いだったでしょうね^^

投稿: 光一郎 | 2008年5月18日 (日) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/41218995

この記事へのトラックバック一覧です: 第37話 パンツ丸出し無料サービス:

« 第36話 ツンパ、パイオツの余禄 | トップページ | パンツ丸見え漫画 »