« パンツ丸見え漫画 | トップページ | 第39話 吉宗君は最低~ »

2008年5月21日 (水)

第38話 官能と恐怖と純白の余禄

まさか昼間見たあのきれいな保母さんが、僕の目の前にあらわれてしまうとは、、、おまけにこの人は、、

僕は追島さんが切なそうに、保育園の外から、このきれいな保母さんを眺めていた姿を思い出していた

「あ、あの、、すいません、すいません、、、」

「え?、あ、、はい、!」

「あの、5人なので、千円でよろしいですか?」

気が付くとその保母さんは、お財布からお金を取りだしながら、やさしい笑顔で微笑んでいた

「あー、あの千円でしたら、おまけでもう一回できるので、6回分です、、、」

僕は慌ててそう答えながら、箱の中からポイをごそごそと取り出した

 

「それじゃ、春菜先生もできるね、、」

「そうね、ユキちゃん、それじゃ後で先生もやってみようかしらね、、、、」

(ユキちゃんって、この子は確か昼間、トカゲを捕まえていた子だ、、、それより、はるな先生って言うんだ、イメージにぴったりの優しそうな名前だな、、)

僕は頬をそめながら、はるな先生からお金を受け取ると、ポイとお椀を手渡した、

「、、、あっ!!」

一瞬、はるな先生のきれいな手がふれて、僕は思わずドキドキして顔を真っ赤にそめてしまった、、、

 

(な、なんで僕が緊張してるんだよ、、、、この人は追島さんの憧れの人なんだぞ、、、それに僕にはめぐみちゃんという心に決めた人が、、、、)

 

そう思いながらも僕は、気が付くと、目の前でやさしく子供達と話しをしている、春菜先生に見とれてしまっていたのだった、、、

(それにしても素敵な人だな、、、、めぐみちゃんとはちょっと違った大人の優しい魅力って言うんだろうか、、、)

と、その時たっだ、僕の視線に、春菜先生の後ろを通り過ぎる、顔中包帯だらけのミイラ男が映し出されてきたのだ

「!?」

ミイラ男は包帯だらけの手に野菜をかかえながら、僕を見て一瞬、微笑みを浮かべると、やがて人ごみに消えていった、、、

(あの人は、たしか仲間の彼女をとってしまった、さっきの、、、、)

同時に、僕の頭にある言葉が、、、、、、

 

『ばした、とるな、、、、、、』

 

(ばしたとるな、、、仲間の女に手をだすな、、、こいつを破った罪は重いぞ、一昔前だったら、親指かあれを詰めさせられても、文句は言えなかったんだよ、、)

僕の脳裏に銀二さんから教わった恐怖の掟が蘇ってきた、 

(そうだよ、、この人は追島さんの憧れの人だったんだよ、、、)

僕は慌てて顔をパンパンたたいたあと、営業スマイルをむりやり作って、春菜先生と金魚すくいに夢中になっている子供達に声をかけた

 

「はい、それじゃみんなー、頑張ってねーー!」

 

やはり保育園児には難しいらしく、次々に子供達のポイは破れてしまった、僕はそのたびに

「はい、残念賞~!」

そう言いながら小さな金魚を袋に入れては園児たちに持たせてあげた

「わー、可愛い、可愛い、、、、おじちゃんありがとう、、、」

「おじちゃん、、?、、、ははは、君達から見ればおじさんだね、、ははは、、、、」

「みんな、お兄さんですよ、、ごめんなさいね、、、」

春菜先生は、僕に気を使って優しい笑顔で微笑んでくれた

「あ、、いえ、、、、そんな、、ははは」

(この笑顔は、、僕にとって毒だ、、)

春菜先生の澄み切った笑顔に、僕はまたしても引き込まれてしまいそうになっていた、、、 

(いけない、、、この人は追島さんの、、、、、、) 

僕は慌てて顔をぶるぶる振ると、右手に文字を三回指で書いた

(めぐみちゃん、めぐみちゃん、めぐみちゃん、、、、)

そう書き終えると僕はその手を額に当てて目をとじた

おまじないが利いたのか、僕の頭に再び天使のようなめぐみちゃんの笑顔が蘇ってきてくれた、、

 

「わーー、ユキちゃんすごいすごい、、、」

何とか我に戻った僕の耳に、子供達の無邪気な声が聞こえてきた、気が付くと僕の前に座ったユキちゃんというトカゲの子のお椀の中には、たくさんの色とりどりの金魚が泳いでいた

ユキちゃんは水面ぎりぎりにポイを沈ませると、子供とは思えない器用な手つきで金魚をお椀にすくい入れた

「うわー、うまい!!」

僕は思わず目を輝かせてその子を見た、ユキちゃんは立て続けに水面の金魚をお椀にいれると、うれしそうな笑顔で僕に話しかけてきた

「へへへ、、、ユキね、前にパパに教わったんだよ、、、パパはもっと上手なんだよ、おじちゃん、、、、」

「へえ、、、すごいな、、、」

僕は関心しながらその子を見た、

(あれ、、、、この子の目元、どこかで見たような、、、、)

僕はそのユキちゃんという金魚すくいの達人の女の子を見ながら、首をかしげていた

 

「それじゃ、今度は先生の番ね、、、」

気が付くとユキちゃんの隣で春菜先生が腕まくりをして、片手にポイを握りながら、しゃがみこむと真剣な目で金魚を追い始めていた

「ユキちゃんがパパにならったように、先生も昔おじいちゃんにコツをおそわったんだよ、負けないからね、、、」

春菜先生は無邪気に子供達に微笑むと、そのきれいな指先にもったポイを水面すれすれに沈めて、小さな金魚をお椀にすくい入れた

「うわーーー、春菜先生も上手ー!」

小さな子供達は、今度は先生の周りにあつまって大喜びをしはじめた、、、

春菜先生はうれしそうな笑顔で、立て続けに金魚をお椀にすくい入れた、その顔は童心に返ったように生き生きと輝いていた、

「よし、それじゃ、今度はこの大きい子ねらうわよ、、、、」

そう言うと春菜先生は真剣な顔で、金魚を追いかけ始めた、

と、その瞬間、僕の目にあるものが、飛び込んできてしまった

 

「あっ、、、、!?」

 

僕は大きな口を開けたまま、驚きのあまりその場で固まってしまったのだった

その、あるものとは、、、、、あるものとは、、、、、

何と春菜先生のキュロットスカートの隙間から、美しい太ももといっしょに見え隠れする、純白の例の余禄と呼ばれるものだった、

(、、、、、、、、、、、パ、パ、パンツが、、、)

(いけない、絶対に見てはいけない、、、、この人は追島さんの憧れの、、、、!)

僕は必死になってエロい心を抑えようとがんばった、しかし彼女のキュロットスカートから見え隠れする純白の余禄から目を離すことは出来なかった、、、、

 

(だめだ、、、、絶対に駄目だー、見るんじゃない!見てはいけない、、、!)

 

そんな僕の心の葛藤など露とも知らず、春菜先生は夢中になって金魚を追い続けていた、そしてついには前かがみになった彼女のシャツの隙間から、これまた純白の余禄が、、、、

(ぶら、、、ぶら、、、ぶらじゃぁ、、、、だ、だめだー!、、、そんなものまで見せられたんでは、、、)

僕の鼻から、たらーっと一筋の赤い液体が流れ落ちた、、、、、

(見てはいけない人なのに、、、この人は追島さんの憧れの人なのに、、、)

僕の脳裏に再び銀二さんの言葉が、、、

『ばしたとるってのは、罪がおもいぞ、、、、、、、』

それでも僕は彼女の美しい余禄から目を離す事が出来ずにいた、、、

(だって、だって、、見たいんだもん、、、、、)

僕の心の中でエロい心がそう叫んでいたのだった

 

とその時、僕の背中に一瞬、何やら野獣のような殺気が、、、、、

「うぐ!?」

 

(な、なんだ、、今の殺気は、、ま、、、、まさか、、、、、、)

僕は恐る恐る後ろの野獣の気配のほうに振り返った

「う!?」

何とそこには植木の中に身を隠しながら、それは恐ろしい顔で、こっちを見ているパンチパーマのゴリラが、、、、

「うぐわーー!!」

ガサガサ

僕は驚きと恐怖のあまり、思わず大声をだすと、そのゴリラも慌てて植木の陰に姿を隠してしまったのだった

 

「どうしたんですか?、急に大声を出したりして、、、、」

春菜先生はきょとんとした顔で僕を見ていた、、

「いや、、、あの、、何でもないです、、、、」

僕がそう返事を返すと、春菜先生は微笑みながら小首をかしげ、ふたたび大きな金魚を追いかけ始めた

同時に、キュロットスカートから純白の余禄を覗かせながら、、、

僕の前には美しい余禄をさらけ出した春菜先生、、、そして後ろには、パンチパーマのゴリラ、まさに官能と恐怖の美女と野獣に挟まれた僕は、節操を知らない股間をモッコりさせながら、その場で震えながら固まっていたのだった。

続き
第39話 吉宗君は最低~へ

官能と恐怖の美女と野獣イラストは近日更新しま~す^^

Onegai2

にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
good↑侠客☆吉宗くんの他、楽しい
ブログがいっぱい紹介されているサイトです^^
clover
クリックしてもお金はかかりませんよーん clover

|

« パンツ丸見え漫画 | トップページ | 第39話 吉宗君は最低~ »

第一章 侠客鬼瓦興業」カテゴリの記事

コメント

見てはいけないと思いながら、つい見てしまう・・という吉宗くんの心の葛藤が面白いですね~♪
う~ん、後ろにいたゴリラさん・・気になります・・どうなるのかな?一騒動起きそう~~(笑)

投稿: みゅうー | 2008年5月25日 (日) 17時35分

みゅうーさんこんにちわー^^
十和田出張や、新しい仕事やらで、続きを書く時間がとれませーん(汗

気になる展開、どうなっていくか、正直自分でもわかりません^^
自分自身も楽しみにしながら近日机に向かい吉宗君の行く末を見守りたいと思いますよー^^

近日イラストもアップさせて、みゅうーさんのところへもおじゃましますね^^

投稿: 光一郎 | 2008年5月26日 (月) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/41269308

この記事へのトラックバック一覧です: 第38話 官能と恐怖と純白の余禄:

« パンツ丸見え漫画 | トップページ | 第39話 吉宗君は最低~ »