« 第48話 桃色楽園からの生還 | トップページ | 第50話 喫茶 慶(KEI) »

2008年7月21日 (月)

第49話 マライアさんの涙

「遅いわね、、あの子達、、、、」

鬼瓦興業の居間では、時計を見ながら姐さんがつぶやいていた、

「きっと、道が混んでるんですよ、、、おばちゃん、、」

「せっかくめぐみちゃんが、帰りを待っててくれてるのに、、まさか、あいつら風呂でも行ったかな、、、、ははは」

座椅子に寄りかかってテレビを見ていた親父さんが、からかうように、めぐみちゃんを見た

「ちょっとお父さんなんてことを、、」

「そ、、、、そうですよ、、お、おじちゃん、、吉宗君がそんなところ行くわけないです、、、」

めぐみちゃんは慌ててそう言いながらも、心配そうに時計を見つめていた、、、、

(吉宗くん、そんな変なところに行くわけないよね、、、、だって、朝、約束したものね、、、)

めぐみちゃんは、心でそう信じながら、今朝の「お風呂やさんには行かないで、、」という僕との約束を思い出していた、、、

 

 

ところが、そのころ僕は、、、、

マライアさんの蟹バサミから開放されたのは良いものの、再びハメリカンナイトの一室でバスタオル姿でベッドに座らされていたのだった

目の前にはローションをきれいに流し終えたマライアさんがバスタオル姿で僕を見つめていた、、、

 

「もう、お兄さんったら、あんなかっこで飛び出すなんて、信じらんない慌てんぼね、、」

「す、、、すいません、、、、、」

「すいませんじゃないわよ、、、さあ、、、、どう責任とってくれるの?」

「せ、、、責任、、、、?」

「そう、責任、、女の私にあんな恥ずかしい思いをさせて、ただで戻れるとおもったの?」

そう言いながら、マライアさんは再び女豹のような目線で僕に迫ってきた、、、そして僕の耳もとで、、

「罰として君の童貞、、いただいちゃいます、、、、heart04、」

そう言うと獣のように覆いかぶさってきたのだ、、、、

 

「え、、、あ、、、ちょっと、マライアさん、だ、、駄目、、、駄目です、、、」

「さあ、、、、素敵なハメリカンナイトの続きよ~heart04

「だから、駄目です、、、お風呂屋さんは駄目なんですーーーー!!」

 

「ふふふふふ、、、、」

「え、、、?、、」

「、冗談よ、冗談、、、、」

マライアさんは急に僕の上で楽しそうに笑い出した

 

「よっぽど好きなんだね、その女の子のこと、、、、」

マライアさんはやさしく微笑みながら、ベッドの脇に下りると、そっと僕にジュースを手渡してくれた

僕はジュースを片手にめぐみちゃんのことを思い浮かべて、恥ずかしそうにうなずいた、、、

「その子のこと、裏切れないのはわかるけどさ、まだ時間たっぷり残っちゃってるんだ、今お兄さんに帰られちゃったら、私がマネージャーに怒られちゃうから、、、、」

「、、、、マライアさんが怒られちゃうんですか?」

「うん、私に魅力がなくて帰られちゃったって、、、」

「み、、、魅力がないって、そんなこと無いですよー、マライアさんはすっごく魅力的ですよー!!」

「ふふ、、、ありがと、、、、」

 

「でも面白いね、お兄さんって、、、、」

「面白い?ですか?」

「なんていうんだろう、今時珍しく、馬鹿正直っていうか、何ていうか、、、、ふふふ 」

マライアさんはそう言いなが小さなかごの中からタバコを取り出し、口にくわえて火をつけると、やさしく僕に差し出した

「え、、、、あ、いや、僕タバコは、、、」

僕は慌てて手を振った、

マライアさんは再びきょとんとした後、もっていたタバコを笑いながら自分で吸い始めた、、

「ほんとに今時珍しく、、まっすぐに育ってきたんだね、、、君って、、、、」

「まっすぐですか?」

「うん、、まっすぐ、、、、、」

マライアさんはそう言いながら、急に真剣な顔で僕を見つめてきた、、、

 

「え、、、あの、、僕の顔に何か、、、」

「あ?、ごめんごめん、、、変なこと想像しちゃってさ、、、、」

「?」

「私の元彼が、君みたいなまっすぐな子だったら、こんな所で働いていなかったのかな、、、、なんて、、、」

「え、、、、?」

「ごめんね、、、こんなつまんない話、、、、」

「いえ、、、つまらなく無いです、あの、マライアさんにも彼氏いたんですか、、?」

「失礼ね、、彼氏くらいいたわよ、、、、、」

マライアさんはそう言いながら微笑んだ

 

「でも、最悪の男だった、、、、調子のいい男で、何度も騙されたんだ、、、、」

「騙された?」

「そう、、、口先ばっかりで、愛してるとか、大切に想ってるとか言ってさ、、、、、」

マライアさんはそういいながらうつむくと、目に涙を浮かべていた、、、、

 

「ま、、、マライアさん、、、、」

「あー、ご、ごめんね、、、、何だか君のそばにいるとホッとしちゃって、こんな余計な話し、、、」

「いえ、、、気にしないで何でも話してください、、それでマライアさんが楽になれるなら、、」

「えー?」

マライアさんは僕の瞳をじっと見つめたあと、ニッコリ微笑んだ

 

「やっぱり、あいつとは目が違うわ、、、、君の目は本当にまっすぐで、優しくて、綺麗な目だね、、、幸せだね、君に想われている彼女って、、、、」

「そ、、そうですか?、、」

「うん、、、幸せだよ、、、どうして私気がつかなかったんだろう、あの時、あの男の汚れた目に、、、、」

 

マライアさんはそう言うと、再び話を始めた、、、、

 

「お兄さん、、、私ね、実はこう見えても昔、保母さんだったんだよ、、、」

「えーー!?保母さん?」

「以外でしょ、、、、」

「は、、はい、、、」

「女子高を出て、その後資格とって、その彼と知り合うまで、私男の人と手も握ったことなかったんだ、、、」

「それで保育園に勤めたんだけど、そこでその男とであっちゃって、、彼のうそのやさしさにすっかり参っちゃってね、、、、散々お金を騙し取られて、借金だらけにされて、、、、結局はこんな所で働くはめになっちゃったんだ、、、、」

「えー、ひ、、ひどい、、、」

僕は、うるうるした目でマライアさんの顔を真剣に見つめていた

 

「私、馬鹿だからさー、、、気がつかなかったんだよね、、、最初からあの男は、私の体とお金だけが目的だったって、なのにあんな男に惚れちゃってさ、、、」

マライアさんはそういいながら作り笑いを僕に見せた、そしてその目には涙があふれていた

「もしも、君みたいなまっすぐな男に惚れてたら、こんな汚れた体にならなくて済んだのにね、、私も、、、」

「マ、、、、、マライアさん、、、、あ、ああああ、、、、」

僕はマライアさんの悲しい出来事に胸が熱くなってしまった、、、、

 

「マ、、マライアさんは、汚れた体なんかじゃないですら~、とっても美しい、清らかな体なんれすら~、ぐあうぐあああああああ!!」

 

気がつくと僕は、涙と鼻水でぐしゃぐしゃに崩れた顔を彼女に向けて、そう叫んでいたのだった、、、

 

「えー、あ、、ちょっとお兄さん、、、、貴方がそんなに泣かなくても、、、、」

マライアさんは僕の号泣におどろいて、慌てふためいていた、、、、

 

「マライアさんは綺麗れすら~!ぜったり、ぜったい、綺麗なのれすら~!!」

僕は何度もそう叫びながら、腰のバスタオルで、ぐしゃぐしゃになった涙顔をぬぐい続けた、、、、

「あーありがとう、お兄さんーでも、そんなに泣かないで、、、、泣かないでってば、、、、」

マライアさんは、やさしくその豊満な胸で抱きしめながら、逆に泣き崩れる僕をなだめてくれたのだった、、、

 

「マライアふあん、、、マライアふ、、ふわあん~ぐうわああああああああ」

「はいはい、よしよし、よしよし、、、、もう泣かないで、、、ね、ありがとう、、ありがとう、、、ごめんね変な話しちゃって、、もう泣かないでね、でないと私まで悲しくなっちゃう、、、、」

「うえーーーーん、うえーーーーーん」

「うぐわーーーーーーー、うぐわーーーーーー!」

気がつくと僕とマライアさんはハメリカンナイトのベットの上で子供のように、大声で泣きまくっていたのだった、、、、

 

それからどれくらい立ったことか、マライアさんは照れくさそうに涙を拭くと、僕の下半身を見て急に笑い始めた、、

「ふふふふ、、、、よく見るとなんてカッコしてるのよ、、、君、、、」

「え、、、?」

僕はマライアさんの目線にそって僕の下半身に目をうつした

そこには、涙と鼻水をぬぐうためにめくられたバスタオルの間から、ビコーンと姿を現した、ピンコ立ち状態の僕の一物があったのだ、、、、、

 

「あっ、、、、、、、ごめんなさい、、、」

僕は慌てて節操のない僕のあれを隠そうとした、

「いいのよ隠さなくても、、ふふふ、、、それにしても立派な物、もってるね、、、君、」

「立派って、いや、そんな、、、、」

マライアさんはやさしく僕を見つめると、恥ずかしそうに笑った

「ごめんね、お兄さん、私のつまらない愚痴きいてもらったり、一緒に泣いてもらったりしちゃって、、、人のことなのにあんなに泣いてもらったら、なんだか今までの辛かった思いがふっとんじゃったみたい、、、、、」

「ありがとう、、、お兄さん、、、」

「いや、、僕はただ、悲しくて、泣いちゃっただけで何も、、、、、」

「ううん、、、」

マライアさんは静かに首を振ると、

「ねえ、ねえ、私が気持ちを楽にさせてもらったお礼に、ちょっとだけ、いい子、いい子させてもらってもいいかな、この子、、、、」

僕のピンコ立ちのあれを指差しながら、少女のように微笑んだ

 

「いや、、、あの、それは、、、」 

「そのくらいで、彼女を裏切ったことにはならないって、、、、ふふふ」

マライアさんはいうが早いか、僕のあそこに手を伸ばした、

 

「ごめんね、君、、、、私が気持ちよくさせてあげられなくて、一人でこんな元気なままで、、、」

「はーい、、、いい子、いい子、、、、、」

なでなで、、、、なでなで、、、、なでなで、、、、

「あ、うあ、、マライアさん、そんな、、、、うっ!!」

 

ドピュッ!ドピュピューーー!!ドピュ~ーーーーーーーーsweat01

 

「あーーーーーーーー!?」

「えーーーーーー!?」

気がついたとき僕の目の前には、ネバネバの白い液体を顔面にかぶっているマライアさんの姿があったのだった、、、

「は、、、発射、、、、しちゃったんだ、、、、、、」 

「あーーーーーー!ごめんなさーい!ごめんなさーい!!」

 

「そうか、そうか、、、、発射しちゃったのね、、、、」

「あ、、はい、、発射、、、しちゃ、、ったみたい、、、、です、、、、。」

 

マライアさんはねばねばの顔で、唖然としながら僕を見ていた、、、、

 

(ぼ、、僕は最低のエロ男だ~!マライアさんのあんな悲しい話を聞きながら、節操もなく発射してしまうなんて、最低のエロ男だ~!!) 

僕はハメリカンナイトの一室で、ショックのあまりお地蔵さんのように固まっていたのだった、、、、、

続き
第50話 喫茶 慶 (kei)へ

イラストは近日更新します、、て、最近してないなーcoldsweats01

Pitinegai

にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
good↑侠客☆吉宗くんの他、楽しい
ブログがいっぱい紹介されているサイトです^^
clover
クリックしてもお金はかかりませんよーん clover

|

« 第48話 桃色楽園からの生還 | トップページ | 第50話 喫茶 慶(KEI) »

第一章 侠客鬼瓦興業」カテゴリの記事

コメント

お忙しいなかでの更新、ご苦労さまです。
三連休なので、今日くらいに更新かな?と思っていたらwww

私だったら絶対にチャンスは逃しませんnote

投稿: 四番サード掛布 | 2008年7月21日 (月) 22時49分

四番サード掛布さん

ありがとうございますーー
本当はもっとハイペースで書きたいのですが、coldsweats01
予定では今回はハメリカンナイトの外にいたはずだったのですが、気がついたら勝手にこのような、マライアさんのことを書いてしまっていました

でも、こっそりお話しますが、実はこのお話がのちに吉宗君を波乱に引きづりこむきっかけに、、、なんて思っていますが、さてどうなることやら^^

私だって四番サード掛布さんと同じく、チャンスは逃しませんnote
諺でもありますが、「据え膳食わぬは、男の恥じ、、」ですよね、、、お金まで出してもらって、馬鹿ですねー吉宗くんはcoldsweats01

投稿: 光一郎 | 2008年7月22日 (火) 08時40分

とりあえずは、話する前に服着とこうよ~吉宗くんdash
だから、そうなっちゃうんやんweep

立派な物sign03これはきっと最高の褒め言葉なんでしょうね~男としてはsmile

にしても、吉宗くんの泣きじゃくりながらの話し方は、いつも上手に表現されてますねgood

投稿: けんさぁ | 2008年7月22日 (火) 10時20分

けんさぁさん、その通り、、、
まず服を着なければねcoldsweats01
さすがは最高のつっこみ、ありがとうございますー^^

吉宗君がまさかここでも泣いてしまうなんて、実は想像もしていませんでしたー上手というよりも、やつが勝手に泣いてしまったのを実況で書いただけなのですcoldsweats01

こんどは怒った時の吉宗君がどうなるか、今から書いてる私もたのしみなんですsmilerock

投稿: 光一郎 | 2008年7月22日 (火) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/41852104

この記事へのトラックバック一覧です: 第49話 マライアさんの涙:

« 第48話 桃色楽園からの生還 | トップページ | 第50話 喫茶 慶(KEI) »