« 第76話 追島さんひどすぎる、、、 | トップページ | 吉宗君、ちょっとだけ、修筆中、、 »

2009年2月26日 (木)

第77話 爆弾、鉄とソープランドと人生最大のピンチ

「追島さん、どうぞこちらへ、、、」

春菜先生に案内され、追島さんは保育園裏の入り口へたどりついた

「ユキちゃん、ここから入った奥のお部屋で寝てますので、ちょっと待っててください、、」

「あ、、あの、、春菜先生、、、」

「はい?」

「やっぱり、俺みたいな父親、会わないほうがいいっす、、、」

「何をおっしゃってるんですか、ユキちゃん本当に追島さんに会いたがってるんですよ、、、」

「で、、、でも、、先生、、、、」

「私でしたら心配いりませんから、、さあ、、、、」

春菜先生は優しく微笑むと、裏口の扉を開けた、しかし、追島さんはその場でぐっと眉間にしわを寄せたまま、中に入ろうとはしなかった、

「さあ、、どうぞ、中へ、、、」

「せ、先生、、、、やっぱり、だめです、、、」

「そんな、、だってユキちゃん、お話したとおり、すごく会いたがって、、、」

「いや、、、たとえそうだとしても、俺にはユキに会う資格なんてねえっす、、、、」

「お、、追島さん、、、」

「それに、俺は、ユキも慶も裏切っちまった、、最低の男なんです、、、」

「で、、、でも、、、、」

「す、すいません、、、先生、、、」

追島さんはぐっと唇を噛み締めると、春菜先生に頭をさげてさっと後ろを振り返った、、

 

「待って!、、、待ってください、、、」

「、、、、、、」

「それじゃ、せめて一目、見ていってあげるだけでも、、、、ね、追島さん、、、」

「で、、でも、、俺は、、、、」

「お願いです、、、ユキちゃん、、泣いてたんです、追島さんに会いたくて泣いてたんです、、」

「ユ、、ユキが!?」

「はい、、、ですから、せめて、そんなユキちゃんの姿を一目覗いていってあげるだけでも、、お願いします、追島さん、、、、」

「、、せ、先生、、、、」

追島さんは、それから無言で春菜先生を見ていたが、

「そ、、それじゃ、、、の、覗かせてもらうだけ、、」

かすかにうれしそうな表情をうかべると、春菜先生の後をついて、部屋の中へ入っていった、、、、、

 

 

裏口のドアを入ると、そこには小さな廊下が、そしてその先には可愛い絵のかかれた部屋がならんでいた、春菜先生はその中の一つの部屋の前に立ち止まると、静かな声で、

「追島さん、、、この部屋の奥に、また小さな小部屋があるんです、、、そこでユキちゃんは寝ていますから、、、」

「あ、、はい、、、、」

「どうぞ、、、、お入りください、、」

追島さんと春菜先生は、静かにドアを開けると、部屋の中へと入っていった、、、

奥の部屋のドアには小さなガラス窓がついていた、、春菜先生はそのドアの前に立ち止まると、唇に指を立てながら、追島さんのことを手招きした、、、、

追島さんは、春菜先生に言われるままに、そっと小さなガラス窓に顔を近づけた、、、

「、、あ、、、、、」

視線の先には、小さな布団の中で、静かに絵本を眺めている、ユキちゃんの姿があった、、、

「あら、、、すっかり元気になって、、」

春菜先生は優しく微笑むと、追島さんに合図をして、そっとじぶんだけ部屋の中に入っていった、、、、

 

「ユキちゃん、、、おまちどうさま、、、」

「あ、春菜先生、、、、」

「ユキちゃんに頼まれたプリン先生買ってきたよ、、、、」

「ありがとう先生、」

「パパのプリンのようにおいしいか分からないけど、さあ、どうぞ、、、」

ユキちゃんは小さな手でプリンを受け取ると、うれしそうにスプーンで口に含んだ、、

「おいしい、、、」

「そう?、、、、よかったー、、」

「うん、おいしい、、でも、やっぱりパパのプリンのほうがずっとおいしいけどね、、、」

「へえ、、本当に料理が上手なんだね、ユキちゃんのパパって、、、」

「へへへ、、パパ、何をやってもすごいんだ、それでね、いつも自分のこと、天才だーっていってたんだよ、、」

「まあ、、自分で?、、それじゃ本当に天才なのね、、」

「うん、、」

ユキちゃんの満足そうな笑顔に春菜先生はニッコリ微笑むと、

「そうだ、、ユキちゃん喉かわいたでしょ、、、先生ジュース持ってきてあげるね、、、」

「うわーーい、、先生ありがとう、、、」

「どういたしまして、、、、」

小さくウインクをすると、立ち上がって部屋の外へ出た、そして、そっとドアをしめると、窓から中を覗いていた追島さんにニッコリ微笑んだ、、、、

追島さんは、うっすらと浮かんだ涙を隠すように、横を向くと、春菜先生に深々と頭をさげた、、、

 

「あの、、今ジュースを持ってきますので、、もう少しだけ、見ていてあげていただけますか?、、、、」

追島さんが無言でうなずくと、春菜先生は廊下へと歩いていった、、、、

追島さんは、ふたたび小窓から顔を覗かせ、普段僕たちに見せる鬼軍曹の顔からは想像もつかないような優しい表情で、ユキちゃんの様子を覗いた、、、、

「、ユキのやつ、、あんなに病気がちだったのに、、すっかり逞しく成長してくれて、、、」

と、そんなさなか、春菜先生が出て行った廊下から、聞き覚えのある男の声が響いてきた、、、、

 

「先生、、、、春菜先生、、、、遅かったじゃないですか、、」

 

「す、、すいません、ちょっと人にあっていたもので、、、、」

「人?、、、」

「誰ですか、人って、、それよりさっき頼んだあれ、、、用意できましたか?、、」

「はい、、ちょっと待ってください、、、」

聞き覚えのある男の声、それは、顔をぼこぼこに腫らしたイケメン三波のものだった、、

 

三波は、神妙なつくり笑顔を浮かべながら、、、

「す、、すいません、、春菜先生、、、こんなお願いしてしまって、、、」

「仕方ないじゃないですか、お母さんが病気で、それで借りてしまったお金なんですから、、、はい、、とりあえず20万円、、」

春菜先生は、ポーチから、お金の入った封筒を取り出すと、そのまま三波に差し出した、

三波は大急ぎで、そのお金をむしりとると、

「あ、、ありがとう、、これで、今日のところは、ヤクザに殺されずに済みます、、、」

引きつった顔で袋を顔の横に持ち上げた、、

 

とその瞬間、

ガシッ!!

 

三波のその腕を大きな手が、わしずかにみ、、、

「ぐわ!、、、痛たたたた!、、だ、、誰だこら!?」

三波は、悲鳴を上げながら後ろを振り返った、、

「うわ、、、て、てめえは!?」

 

「、、、てめえ?、、おい、誰に口きいてんだ、、このスケコマシ野郎、、、」

 

大きな手の主、それは今までの優しい顔から、鬼のような形相へと変わった、追島さんだった、、、、、

 

 

同じころ、夜の堀之内では、僕とめぐみちゃん、それに鉄、そして不機嫌そうにむくれている女衒の栄二さんがネオン街の中を歩いていた

「まったく、何よ、あのヤサオトコ、、、、あんな男のどこが気に入って、お慶ちゃん婚約なんてしたのかしら、、、」

栄ちゃんはポーチを抱えて、ぷりぷりとお尻を振りながら歩いていた、、、

僕はそんな栄二さんを見ながら、沢村研二が現われてからの喫茶慶での事を頭にうかべていた、、、、

 

お店に現れた、沢村は、明らかに不機嫌そうに怒っていた、そして、なぜかお慶さんは申し訳なさそうに彼を見ていた、、

(あの二人、昨日の雰囲気とはまったく違っていたけど、、、、)

 

沢村はお店に入って、僕たちに気がつくと、突然冷めた目で睨み据えてきた、、

「なんだ、、あんた達、また来てたのか?、、、、」

「えっ?、、ま、またって、、」

沢村の剣のある一言に、僕たちはきょとんと驚いた、、、

 

「ちょっと研二さん、、そんな言い方、、」

お慶さんがが注意すると、沢村は今度はすごい顔で彼女を睨み据え、ポケットから携帯をとりだした

「こんな言い方にもなるだろう、、突然こんなメール送ってきて、、、」

「そ、、それについては、今から説明しますから、、、」

「説明!?、、わかった説明してもらおう、、」

沢村は興奮した顔で、そう言うと、再び僕たちを見て

「そう言うわけだから、あんた達、帰ってくれ、、、、」

投げ捨てるように、言い放った、、

 

これに対して怒ったのは栄二さんだった、、栄二さんはテーブルをポーチでバンとたたいて立ち上がると、

「なによ、あんた?、、突然現れて、帰れだなんて、、何者よ!?、、」

 

「俺は慶の婚約者だ、、、」

 

「婚約者!?、、ちょっとお慶ちゃん、、本当にこんなのが、あんたの婚約者なの?、、、」

栄ちゃんの言葉にお慶さんは、そっと首をこくりとした、、

 

「まーー、趣味悪いわーーーー、お慶ちゃん、やめなさい、、こんな男、、こういう男はね女を食い物にできる男よ、、、、」

栄ちゃんの言葉に、沢村は今までに見せたことのない、険しい表情で、、、

「そう言う、あんたは何者なんだ!、、」

「ちょっと、栄ちゃん、、それに研二さん、、や、、やめて、、!」

お慶さんはカウンターから出て、二人の間に割って入ると、、、

「ごめんね、栄ちゃん、、、、それに君たち、、ちょっとこれから研二さんと大切なお話があるから、、今日は引き取ってもらえないかな、、」

僕たちにすまなそうに頭をさげた、、、

 

「大切なお話?、お慶ちゃん、私だって今大切なお話が、、、」

「ごめん、栄ちゃん、お話の続きはまた今度、、、ね、、」

お慶さんは再び頭をさげると、今度は沢村研二を見て、

「研二さん、、ご、ごめんなさい、、とりあえず、ここに座って、、、」

カウンターに彼を座らせた、、

僕たちは、そんな訳で、しぶしぶ、喫茶慶を後にさせられる羽目になってしまったのだった、、、

 

(それにしても、あの沢村さんの怒りよう、、いったいお慶さん、どんなメールを送ったんだろう、、、、)

僕はネオン街を歩きながら、沢村が言っていたメールのことを考えていた、、と、そんな僕にめぐみちゃんが、 

「吉宗くん、、、、」

「えっ?、、」

「だいじょうぶかな、、お慶さん、、、あの婚約者の人、怒りながら、どこか切羽詰まったように見えていたけど、、、」

「そう言えば、、そんな気も、、、」 

「なんか、お慶さんが心配だな、、、、」

めぐみちゃんはそう言いながら、きた道を振り返った、、、

そのとき、

 

「あらーーーーー!!、いっけなーーーい!!」

 

前を歩いていた栄二さんが突然甲高い奇声を発した、、

 

「ど、、どうしたのよ、栄ちゃん!急に大声出して、、びっくりするじゃない、、」

「だってさー、私、お慶ちゃんのお店に、大事なもの忘れてきちゃったのよーー!」

「大事なもの?、、、」

「そうよ、オートクチュールの私のサングラスよ、、、あのヤサオトコに盗まれたら大変!!」

栄二さんは真剣に困った顔をうかべ、

「ちょっと、私、戻ってとって来るから、みんな、ここで待っていてちょうだい、、、」

そう言うと、お尻をぷりぷり振りながら、喫茶慶に向って、もと来た道を引き返して行った、、

 

「あんなサングラスの、どこが大切なのかしら、、」

「栄二さんにとっては、大切なんじゃない、ははは、、、」

僕は笑いながら、周りを見渡し、思わずハッと青ざめてしまった、、、、

お慶さんと沢村の事で頭がいっぱいになっていたせいて、気がつかなかったが、僕たちが立っている場所、そこは、、な、何と、昨夜足を踏み入れてしまったソープランド、ハメリカンナイトの前だったのだった、、、!

 

(どわーーー!、よ、よりによってこんな所で、待っていてくれだなんてーー!?)

 

そんな僕の心配をよそに、めぐみちゃんは

「あれー、ねえ、ねえ、吉宗君、ここ、さっきのピンクのお風呂屋さんだよ、、、」

うれしそうにはしゃぎ始めた、、、

 

「吉宗君、、吉宗君、、」

「な、、なんだい?、、め、、めぐみちゃん、、、、」

「さっきのお慶さんの話だけど、やっぱり男の子って、こういう所、入りたいのかな?、、、」

「えっ!?、、、、」

「きっと、綺麗な人がいっぱいなんだろうね、、、ねえ、本当は吉宗君も入りたいんじゃない?、、ねえ、ねえ、、」

めぐみちゃんはいたずらな顔で、僕の腕をつっついた、、

 

「は、、入りたいわけ、、、な、ないじゃないか、、はは、、はははは、、、」

僕は、ひきつった顔で、笑いながら

「それよりも、、ちょっと別の場所に移動しない、、ははは、、ここ、お店の前だし、、」

「えー、だって栄ちゃんに、ここで待っててって言われたのに、後で怒られちゃうよ、、」

「で、、、でも、、、、その、、、」

「何?吉宗君なんかへん、、ここじゃ何かいけないことでもあるの?、、」

「いや、、べ、、べつにそう言う訳では、、、、ははは、、、」

僕はひきつった苦笑いを浮かべながら、必死にハメリカンナイトに背を向け顔を隠し続けた、、、

 

ところが、そんな僕の恐怖もしらず、めぐみちゃんは、、、、

「ねえ、ねえ、鉄君、、、、、」

「えっ?、、、、、な、、なんすか、めぐみさん、、、」

僕にとってはまるで時限爆弾のような男と、うれしそうに話をはじめてしまったのだった、、

 

「鉄君って、こういう所、来たことあるの?、、、」

「えっ?、、、、、、」

鉄は突然訪ねられて、思わずハメリカンナイトのネオンに目をむけた、、

「ねえ、、もしかして、あるんじゃない?、、銀二さんと一緒に来たとかさ、、」

「あ、、、あの、、その、、、、、、あーははは~!」

恐怖の時限爆弾は、ピンクの建物をみたとたん、ほっぺをピンクにそめながらだらしない顔で笑い始めた、、

 

(どわーーーー、鉄ーーーーやめれーーーーーーー!!) 

夜の堀之内、僕は心の中で、悲痛の叫びをあげていたのだったのだった、、、、、

続き
第78話 イケメン三波VS追島さんへ

ランキングに参加してます、気に入ってくれたら
ポチっとdownお願いねwinkつまらなかったら癖になるのでお預けねん

Megulank_3 
青いボタンのどれか一つと下の恐いおじさん達のイラストをポチしてねlovely

にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
Banar←これも押してくれるとうれしいのらーcrying

good↑侠客☆吉宗くんの他、楽しい
ブログがいっぱい紹介されているサイトです^^

|

« 第76話 追島さんひどすぎる、、、 | トップページ | 吉宗君、ちょっとだけ、修筆中、、 »

第一章 侠客鬼瓦興業」カテゴリの記事

コメント

更新お疲れ様ですup
少し忙しくてsweat01まとめ読みしちゃいましたcoldsweats01

なんかドキドキですcoldsweats02
同じ時間にあっちもこっちも大事件の兆しdash

投稿: けんさぁ | 2009年2月26日 (木) 11時17分

けんさぁさーん

こんばんわー^^
その前のお話がちょっと重たすぎて、急いで続きを書いてしまいましたhappy01

これからもっとすごい事件が、、その中で吉宗君がどんながんばりを見せてくれるか、楽しみにしていてくださいねscissors

重苦しい中でも時代を考えて明るく明るくと意識していますが、、、うーん難しいですねcoldsweats01
このエピソードが終わったら、次は最初から最後まで笑い笑いのお話をスタートさせたいんですが、まだまだそれは先になりそうですsweat01

投稿: 光一郎 | 2009年2月27日 (金) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/44161222

この記事へのトラックバック一覧です: 第77話 爆弾、鉄とソープランドと人生最大のピンチ:

« 第76話 追島さんひどすぎる、、、 | トップページ | 吉宗君、ちょっとだけ、修筆中、、 »