« 下書き吉宗くんを描く光一郎画伯 | トップページ | 第81話 吉宗兄貴の武勇伝とお慶さんのチャンス! »

2009年3月19日 (木)

第80話 恐怖!ハメリカンナイトな夜

まさに、連夜のデンジャラスナイト…

昨夜に続いて今夜も、ハメリカンナイトのデンジャラスな夜が、襲い掛かってこようとは…

 、

「鉄君って、こういう所、来たことあるの?、、、」

「えっ?、、、、、、」

「ねえ、、もしかして、あるんじゃない?、、銀二さんと一緒に来たとかさ、、」

「あ、、、あの、、その、、、、、、あーははは~!」

恐怖の時限爆弾、鉄は、ほっぺをピンクに染めながら、高級ソープランド、ハメリカンナイトの建物をながめていた…

(うあーー!鉄、バカー、何て顔を!!…それにめぐみちゃん、どうしてー!?…よりによって、そんな危険な質問を…)

僕は心臓をバクバクさせながら、二人のことを見た

 

「あれー?…鉄君ったら赤い顔して、やっぱりあるんだ、ねえ、ねえ…」

めぐみちゃんは、僕の恐怖など露とも知らず、いたずらな笑顔で鉄に話しかけた

(やめれーー、てつーー…言うなよー、絶対に来たなんて、言わないでくれよーー)

祈るような気持ちで、鉄を見た……がっ!…

 

「はい!…あるっス…ゲーヘヘヘヘ~」

 

(どわーーーーー!?、バッ、バカーーーーー!!)

恐怖の時限爆弾には、この状況がどれほど危険なことか、理解できるはずはなかったのだった…

めぐみちゃんは鉄の言葉に、目をぱちぱちすると

「えーー!、鉄君、来たことあるのー!?」

驚きの顔を浮かべて、僕に振り返った

 

「ねえ、ねえ、吉宗くん…聞いた、鉄君来た事あるんだって、すごいびっくりだねー」

「えっ、あっ…そうだね、びっ、びっくりだねー、ははははー」

僕は顔面をひくひくさせながら、作り笑いを浮かべた…

「あれ?吉宗くんどうしたの?…引きつった顔して…」

「えっ?いや…あっ、あの…そう、びっくりしたから、僕もびっくりしたから、ははは…」

めぐみちゃんは、一瞬、不思議そうな顔をしていたが、はっと何かに気がつくと、再び、いたづら娘のような顔で鉄の方を振り返った…

「そういえば鉄君って、まだ、16歳だよね…」

「あ…はい、そうっす…」

「えー!すごい、16歳でこんな所に来た事あるなんて…」

めぐみちゃんの言葉に鉄はきょとんとした顔を浮かべると、

 

「…えっ?すごい?…いやいや自分なんて全然すごくないっす…」

そう言いながら僕の事をチラッと見た…

 

(えっ!?何…なんで僕の事をみるわけ???)

訳がわからない様子の僕に、鉄はぼろぼろに欠けた歯で、ニヤーっと不気味な笑い顔を見せた……と、同時に僕の脳裏に、昨日仕事に行く車中での出来事が…

(そ、そういえば昨日、すべーる、すべるの意味が分からなかった僕が…)

そう鉄と僕の食い違いの会話がよみがえってきたのだ…

 

(あのー、鉄、すべるっていったい?)

(えー、兄貴すべったことねーんすか?だって川崎って言えばすべーる、すべーるの名所っすよ…)

(すべるの名所????)

(兄貴ほどの人が、またふざけちゃって、、、、散々すべりまくってたくせに…)

 

(あ、そうだ!…あの時はまだ、すべるの意味がソープランドだったなんて知らなくて、てっきりスケートだと思っていたから、ぼ、僕は……)

 

(すべるって鉄、そのことか、ははは、、、でも僕がすべったのは小学生以来だからな…うまくすべれるかどうか…)

(しょ、小学生ー!?…) 

(え?…あ、うん、小学生の時、毎週いってたけど…)

(毎週ーーーーー!!)

(え?…うん、毎週、だけど…)

(すげえ……さすがは兄貴だ…小学生ですべってたなんて……)

(さすがって、そんな驚くことじゃないじゃないか、ハハハ、鉄は面白いなー)

(…すげえ…すげえ…やっぱ俺が兄貴とほれ込んだ男だ……)

 

(そ、そうだ…たしか、あの時、あんな会話が…ま、まずい、このままだと、この男、めぐみちゃんに、とっ、とんでも無い事を…)

そう思った僕は、必死に引きつった顔で、鉄に「言うなー、言うなよー」っと目で合図を送った……

(たのむ…鉄…頼むから僕のテレパシーを理解してくれーー!)

そんな悲痛な心の叫びを、受け止めたのか、鉄はうんうんとうれしそうにうなずいた…

(あー、通じた、この男も、このデンジャラスな状況を理解できたんだ…)

ほっと安心した、その時だった…

 

「めぐみさーん、16歳なんて自慢になんねーすよ、ここにいる吉宗の兄貴なんて小学生の時、毎週通ってたんっすよー!でへへへー…」

 

(どぇーー!このバカーー、な、なんてことをーーー!!)

僕はすさまじい顔で鉄を見ると、口をぱくぱくさせ両手をバタバタと振り続けた…

「えっ?…えっ?…もっと?もっとっすか?…」

(ちっ、ちがう、ちがう!)

首をぶるぶると横にふる僕を見て、鉄は、急に何を悟ったのか、うれしそうにうんうんとうなずき、

「そうか、それって、むちゃぶるいっすね、分かりました兄貴がもっと言えって、むちゃぶるいまでするなら…自分はめぐみさんに、兄貴の武勇伝を思いっきり語らせてもらうっすよ!」

(ちっ、ちーがーうーー!それに、むちゃぶるいじゃなくて、武者震いだろー!このバカーー!)

僕は心で叫びながら、めぐみちゃんを見た

そこには驚きの表情で、じっと僕を見ている彼女の姿があったのだった…

続き
第81話 吉宗兄貴の武勇伝とお慶さんのチャンスへ

イラストカットは近日アップします^^

面白かったらぽちっとね、つまらなかったら癖になるんでお預けね^^↓

Megulank_3
青いボタンのどれか一つと下の恐いおじさん達のイラストをポチしてねlovely
にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
Banar←これも押してくれるとうれしいのらーcrying

good↑侠客☆吉宗くんの他、楽しい
ブログがいっぱい紹介されているサイトです^

 

|

« 下書き吉宗くんを描く光一郎画伯 | トップページ | 第81話 吉宗兄貴の武勇伝とお慶さんのチャンス! »

第一章 侠客鬼瓦興業」カテゴリの記事

コメント

えらいこっちゃcoldsweats02

行け~めぐみちゃんpunch
おしおきおしおきimpact

投稿: けんさぁ | 2009年3月20日 (金) 11時08分

けんさぁさーん

吉宗君は大ピンチだっていうのに、私は雲の上をふわふわ飛んでいますー^^

いやー、もう、うれしくてうれしくて…
皐月賞だー、皐月賞だーーhappy01

一口愛馬のクラシック出走祝いということで、めぐみちゃんに恩赦のお願いをしなければ…coldsweats01

投稿: 光一郎 | 2009年3月21日 (土) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/44388499

この記事へのトラックバック一覧です: 第80話 恐怖!ハメリカンナイトな夜:

« 下書き吉宗くんを描く光一郎画伯 | トップページ | 第81話 吉宗兄貴の武勇伝とお慶さんのチャンス! »