« 第87話 悪鬼西条の真実… | トップページ | 第89話 めぐみは僕が守る…! »

2009年6月27日 (土)

第88話 吉宗君とめぐみちゃん、涙の再会!

「はぁ、はぁ…めぐみちゃん…今行くから、僕が…助けに、行くから…はぁ、はぁ…」

多摩川の最下流に沿って立ち並ぶ倉庫街、僕はすごい行相でママチャリをこぎながら、めぐみちゃんを連れ去ったバスを探し続けていた…バスにはあの2mのスキンヘッド熊井さんを襲った凶悪な男が乗っている、でも、その時僕はめぐみちゃんを救うことだけに頭がいっぱいで、不思議と恐怖は感じていなかった…

「絶対に……僕が助けに行くから…絶対に、絶対に…」

ところが走っても走っても、あたりは静まり返った倉庫だらけ、

「いない、ここにもいない…たしかに、感じたんだけど…こっちの方でめぐみちゃんが助けを呼んでいるのを…あれは、錯覚だったのかな……」

僕は古びた倉庫の前で自転車を止めると、一瞬、あたりをきょろきょろと見回した…と、その時だった、

ガサガサ…

先の大きな倉庫脇で小さな物音が…

「あっ…あそこか!?」

あわてて自転車のペダルを踏み込むと、古びた倉庫の前から離れ走りはじめた、

「めぐみちゃん!」

叫びながら音がした倉庫へ、ところがそこには…ニャー、ニャー…数匹の子猫が鳴いていただけで、まったくバスの気配すらなかったのだった…

「はぁ…やっぱり、錯覚だったのかな…」

僕は不安な気持で、倉庫街をさらに奥へ向かって走っていった…

  

 

僕が一瞬立ち止まった古びた倉庫、実はその裏手の暗い駐車場に黄色いバスはひっそりと止まっていた…

バスの中ではイケメン三波が、眠っているめぐみちゃんを、恨めしそうに見つめていた…

「おせえなー、西条さん…もう我慢も限界だぜ…」

三波はバスの入り口をキョロキョロと見た後、めぐみちゃんにぐっと顔を近づけ、

「しかし、間近に見ると、まじ可愛いかも…、ますますそそられるな、こいつ…」

いやらしそうににやけながら、彼女の上にかけられた上着をそっとめくった、そこには透き通るような白い肌とかわいいブラが光っていた…

「かー、たまんねーな…、早くやりてー!…」

三波はむくっと顔をあげて再びバスの入り口を見ると

「西条さん、当分来ないみてーだな…、どうせ後で犯しちまう女なんだ、ちょっと見るぐらいは…」

ニヤニヤしながら、めぐみちゃんのブラをはずそうと胸に手をかけた、と、そのとき、

ガタ!

バスの入り口で大きな物音が響いた、

「やっ、やば!?」

三波はブラから手を放すと、あわてて彼女の肌に上着をかぶせた、そして何事もなかったように顔をあげると 

「さっ、西条さん…遅いですよー!」

ごまかしながらバスの入り口を見て、ハッと驚いた 

「てってめえは!?」 

イケメン三波の先に立っていたのは、西条ではなく、怒りに体を震わせながら仁王立ちしている、僕の姿だったのだ…

  

「みつけたぞ三波!…めぐみちゃんはどこだー!!…」

「なっ、何だてめえ、どうしてここが!?…」

「めぐみちゃんは何処だー!」

僕は再び叫んだ後、三波の横でひっそりと目を閉じているめぐみちゃんの姿に気がつき

「ぐっぉおおおおおーーーー!」

まるで獣のような雄たけびをあげた…

「めっ、めぐみちゃんが…めぐみちゃんがーー!?」

僕は怒りで体を震わせながら、イケメン三波を睨み据えた 

「三波ーー、よくも、めぐみちゃんをーーー、この野郎ーーーー!!」

まじめ一筋だった僕が、こんな言葉を発するなんて、そのくらい僕の怒りはすさまじかった…

 

「お、おい、まてよ、俺はまだ何にも…」

「だまれ、このケダモノめーーー!」

大声で怒鳴りながら突進していくと、

「ぐおぁあーりゃぁーーーー!」

今までに見せたことも無いようなすさまじい怪力で、三波を天高く持ち上げ、そのまま数メートル先のバスの床に投げ飛ばした…

「ぐおあ、いたーーー!」

痛みに悶絶する三波を横目に、僕はあわてて後部座席に走ると、 

「めぐみちゃん、めぐみちゃん…」

静かに目を閉じているめぐみちゃんを必死に揺すぶった…しかし彼女は僕の呼びかけにまったく答えてはくれなかったのだ…

「めぐみちゃん、めぐみちゃん…なっ、何で、何でこんな変わり果てた姿に…、」

どぶわぁーーーーーーー!

僕の目玉からとてつもない量の涙が…

(なっ、なんてことだ、めぐみちゃんが…めぐみちゃんが………)

(めぐみちゃんが、死んでしまうなんてーーーー!)

 

「…なっ、何でだーーーーーー!!」 

僕は天に向かって泣き叫びながら、涙と鼻水まみれのぐしゃぐしゃの顔で、必死に彼女の亡骸を抱き起こし

「何で、何でやさしい君が、こんな目に…うぐ…ごめんよ、僕が、僕が、もう少し早く助けに来ていたら…こんなことには…うわぁーーー!!めぐみちゃん、めぐみちゃーーん!」

大声で泣き叫び続けた…

と、その時だった、めぐみちゃんの体にかけられていた上着がはだけて、彼女の美しいブラ姿のやわ肌が僕の目に飛び込んできた… 

「ぐわーー!?」

その姿を見た瞬間、僕の心に今までに経験したことのない、とてつもない怒りがこみあげてきた…

 

「こ、こんな…こんな姿に……ぐおーーー!!」

人の怒りは頂点にたっすると、髪は逆立ち、目玉は血走り、この世のものとは思えないくらいのすさまじい形相へとかわっていく…その時の僕はまさにそうだった…、頭からはメラメラと怒りの炎が立ち登り、見る見るうちに僕は、まるで鬼神の様な姿へと変貌していったのだった…

そして、バスの前で背中を押さえながら、呆然としている、三波を睨み据えると

「この野郎ー、よくもめぐみをーーー!!」

鬼神の形相のまま立ちあがった…

Ikari  

「よくも、よくも、めぐみを殺したな…!」

「えっ?こ、殺す…?」

三波はあわてて手を振った、

「おい、ちょっと待てよ、違う、違う…」

しかし怒りに満ちた僕はメラメラと燃え盛る背景とともに、一歩、また一歩と歩をすすめ、

「ぐぉあぁぁーーーーーーー!」

大声と共にまるで天狗のような跳躍力でバスのシートを飛び越え、三波の顔面めがけて飛びかかって行った!

「ぐわあああああああーーー!よくもーーーーー!」

「ちょっと、待てって、違う、違うって…」

「やかましい、このけだものめー!」

まるで鬼神とかした僕は三波の上にまたがると、やつの鼻の穴、口の穴、耳の穴、穴という穴に指を突っ込んで、ぐわーっと思いっきり、それはメチャメチャにかきむしった!

「ぐはあー、痛い、痛いはなへ、こらーーー」

「ぐおあー、うるさい!殺されためぐみの痛みは、こんなもんじゃなかったんだぞーー!」

「はから、勘違いするなって、あの女は死んでなんかいないっての、おい!」

「何を今さら、言い逃れしやがって、この野郎ーーー!!」

「違うって言ってるんだよーー」

「だまれーーーーーー!ぐおーーー!」

僕は鬼神の顔に加え涙と鼻水でぐしゃぐしゃの、この世のものとは思えない形相で、イケメン三波の顔から髪から、すべてをぐしゃぐしゃにかきむしっていた…

 

と、そんな騒ぎの最中…、静かに眠っていためぐみちゃんが、ふっと目をさました……

 

「…あれ?…ここは……」

めぐみちゃんはボーっとした顔であたりを見渡し、そこが恐ろしいバスの中だと気がつくと

「いっいやーーーー!!」

気絶する直前の恐怖をよみがえらせて大声で叫んだ…そしてあわてて身体を起こすと同時に、三波の上にまたがっている僕の後姿に気がつき、一瞬不思議そうに目を見開いた

 

「えっ?…」

僕は怒りのせいで彼女が目を覚ましたことに気づかず 

「ぐおわーーーー、この野郎ーーー!!」

大声でわめきながら、三波をぐしゃぐしゃにかきむしり続けていた…そんな僕の後姿にめぐみちゃんは首をかしげながら 

「…よ、吉宗君?…もしかして吉宗君?…」

小さな声で恐る恐る話しかけた…

「この、ケダモノーー、このケダモノーーー」

「ぐぎゃー、痛い、やめれーーー」

「吉宗君!!」 

「!?」 

僕は背中越しに飛び込んできた、聞き覚えのある美しい声に気がつき、三波をかきむしる手を止めた……

「い、今の声は…たしかにめぐみちゃんの声…そ、そんなバカな、彼女は死んでしまったはずなのに…気のせいか?…」

「吉宗君!…」

「えっ、また…、また、めぐみちゃんの声が!?…」

僕は恐る恐る、後ろを振り返った…

そこには、ブラのまま、うるんだ瞳で僕を見ている、めぐみちゃんの姿が…

 

「めっ、めぐみちゃん!?…」

「やっぱり、吉宗くんだったのね…」

めぐみちゃんの瞳からぽろぽろと大粒の涙がこぼれおちた…

 

「あの幽霊?…そこにいるのは、めぐみちゃんの幽霊?」

「え?…」

「だって、そ、そんなに悲しい泣き顔して、やっぱりめぐみちゃんの幽霊なんだね…」

僕はそう言いながら立ち上がると、プルプルと震えながら彼女に近づいて行った…

「ちょと、吉宗君、幽霊って何言ってるの?…」

「そうか、めぐみちゃん、自分が死んじゃったこと分かってないのか?」

「私が死んだ?」

めぐみちゃんはあわてて、自分の手や足を見た

 

「幽霊でもいい、もう一度、君に会えたんだから、こうして話ができたんだから…めぐみちゃんーーー!」

僕はぐしゃぐしゃの顔で泣きながら、力いっぱい彼女のことを抱きしめ…

「めぐみーーー、たとへ君が幽霊になろうとも、僕は、僕はずーっと君を愛し続けるよーー!うわぁーーーーー!」

号泣しながら叫び続けた…

「私が幽霊って?えっ?えっ?それじゃ私、死んじゃってるの???」

めぐみちゃんは、あわてて自分の体を見ると、あちらこちらつねってみた…

「痛い…やだ、ちょっと、吉宗君、私幽霊なんかじゃないよー、ほら…ちゃんと手も足もあるし…それに、こうして吉宗君とも触れあえてるじゃない…」

「えっ?幽霊じゃない?」

「ほら、吉宗君だってこうして私のこと抱きしめること出来てるでしょ…」

「あっ、そ、そう言えば…」

「もう、相変わらずそそっかしいんだから、吉宗君…ふふ…」

めぐみちゃんのそんな笑顔を見て、僕は目をきらきら輝かせた 

「め、めぐみちゃん…めぐみちゃんが……生きてた!…」

「よっ、吉宗君!?…」

「よ、良かったー、本当に良かったー、、良かったーー!」

僕は大粒の涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら、彼女のことを夢中で抱きしめた…めぐみちゃんも、涙をぽろぽろと流しながら、

「よっ、吉宗君、吉宗君!…会いたかったー、私、吉宗君にすごく会いたかったんだよー…」

僕の胸に夢中でしがみついていた…

僕は幸せだった、それはまさに幸せいっぱいの再開だったのだった…

 

しかし、そうはイカのちんちんタコがひっぱる……しばらくして、彼女はふっと何かを思い出すと、あわててキョロキョロとあたりを見渡しはじめた

「ど、どうしたのめぐみちゃん?…」

「そういえば、さっ、さっきまで、すごい怖い人が乗ってたの、このバス…」

「怖い人……!?」

「うん、私その人に襲われそうになって…それで…あっ!?、やっ、やだ私…」

めぐみちゃんは自分のブラウスのボタンがはずされていることに初めて気がつき、あわてて胸を隠しながら僕に背を向けた…

「あっ、ごっ、ごめん…」

僕はあわてて目をとじると、はっとある重大なことを思い出した…

「そっ、そうだ、その怖い男って、熊井さんを襲った人かも?」

「えっ、熊井さんって、あの!?」

「うん…」

「…熊井さんを襲うなんて…あっ、あの人だったら、分かる気がする……」

めぐみちゃんは、再び恐怖を思い出し、カタカタと振るえはじめた…

「やっぱり、そ、そんなに恐ろしい人…」

それまでめぐみちゃんを救いたい、ただその一念で張り詰めていた僕の背中にも、突然と恐怖の震えが…

「…と、とにかく、急いでバスから降りよう…」

「うん…」 

めぐみちゃんは、うなずきながらも、よほど恐ろしかったらしく、あたりをきょろきょろと見渡していた…、僕はそんな彼女を見て大きく息を吸い、ぐっと気合をいれると

「だっ、大丈夫…めぐみちゃん、僕が絶対に守るから…」

「吉宗くん…」

「絶対に絶対に守るから…」

何度もそう言うと、ありったけの勇気を振り絞り、彼女の肩をやさしく抱え、バスの入口に向かって歩きはじめた…

そして僕達がバスの入り口付近に差し掛かった時だった

ガシッ!

突然僕の足に冷たい感触が

「うわーー!」

見るとそこには、ぼろ雑巾のような姿で床に這いつくばっている男が、僕の足をにぎってこっちを見ていたのだ……

「まっ、待て…待ってくれよーー」

「うわーー、何だーー!?このミイラ男みたいな人は!?」

「ミイラって、お前がやったんだろ…」

「えっ?…ぼっ、僕が?……」

突然脳裏に鬼神と化して暴れている僕の姿が…

 

「あー!?」

そう、そのぼろ雑巾のような男、それは僕によってボロボロにされてしまったイケメン三波だったのだ…

「待ってくれよ…その女、連れていかねーでくれよ…たのむよー…」

三波はポロポロと泣きながら、僕の足をひっしに握りしめた、

「はっ、放せこら、その手を放せって…」

「たのむよ、そんなこと言わないで助けてくれよーー」

 

「助けて?…なっ、何言ってるの、あなた、私のこと騙したくせに…」

めぐみちゃんはムッとした顔で、ぼろ雑巾三波を見た…

「だましたのは、謝るから…だから行かねーでくれよ…、やべえんだよ、そいつ連れて行かれたら、俺がやばいんだよー」

「俺がやばいだと?」

僕はその言葉に再び目を吊り上げた…

「俺がやばいって、どこまで勝手なんだお前…自分さえ助かればめぐみちゃんはどうなってもいいのか!」

「…うぐ……」

三波は無言で僕達を見たあと、再びポロポロと涙をこぼし始めた…

「だましたことは悪かったよ、謝るから、でも、助けてくれよ…俺も助けてくれよーー」

「助けてって言われても…」

めぐみちゃんは静かに三波の事を見た後、

「吉宗くん…こんなに真剣に涙をながしてるんだし、一緒に連れて逃げてあげたら…」

「一緒に?…だって、めぐみちゃん…」

「頼む、頼むよ…このままじゃ俺、マジで殺されちまう、彼女の言うとおり一緒に連れてってくれよ…」

「……」

僕が無言で三波を見た後、そっとめぐみちゃんに顔を向けた、

「吉宗くん…」

彼女もやさしく微笑みながらうなずいた…

「それじゃ、一緒に行きましょう、三波先生…」

「ありがとう、本当に君はやさしい人だね、めぐみさん…」

 

「それじゃ、急いでついて来いよ…」

僕とめぐみちゃんはバスを降りた後、中で這いずっている三波に向かって振り返った…ところがやつは…

「あっ、痛い、痛たたたた…だっ、駄目だ俺、さっきあんたにやられた傷のせいで足が…」

そう言いながらなかなかバスから降りようとはしなかった…

「足って、お前…」

僕はあわててあたりを見回すと、

「仕方ない、ほら…僕の背中に乗れよ…」

そう言いながらしぶしぶ三波に背中を向けた

「あっ、ありがとう…あんた、本当はすげえいいやつだったんだな…」

「そんな言葉言ってる場合じゃないだろ、ほら急げよ…」

「それじゃ、お言葉に甘えて…」

イケメン三波はうれしそうに涙を流すと、痛々しい表情でバスを降り、僕の背中にしがみついた…と、その瞬間だった

「うぐえーーーー!!」

突然、三波の腕が強い力で僕の首に巻きついてきたのだ…

 

「おい…そっ、そんなにしがみついたら、くっ、苦しい…苦しい…」

僕はひっしに締め付けられたやつの腕をはずそうとした…ところがやつは腕の力を緩めるどころか、さらに強く僕の首を締めあげてきたのだ…そして僕の耳元で

「苦しいに決まってんだろ、絞め殺そうと思ってんだからよ…ふっふっふふ…」

不敵な笑い声を響かせたのだった…

続き
第89話 めぐみは僕が守る…へ

イラストカットは近日アップします・・・coldsweats01ってそればっかsweat01

Megulank_2
青いボタンのどれか一つと下の恐いおじさん達のイラストをポチしてねlovely
にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
Banar←これも押してくれるとうれしいのらーcrying

good↑侠客☆吉宗くんの他、楽しい
ブログがいっぱい紹介されているサイトです^^

|

« 第87話 悪鬼西条の真実… | トップページ | 第89話 めぐみは僕が守る…! »

第一章 侠客鬼瓦興業」カテゴリの記事

コメント

なんちゅうやっちゃ~三波impact
腐りすぎangry

にしても二人とも人が良すぎるわshock
放っといて逃げたらいいのにbearing


光一郎さ~んnote
明日からちょいとバカンス行ってきますので、
次回お伺いするのは木曜日になりまーすhappy01

投稿: けんさぁ | 2009年6月27日 (土) 16時32分

けんさぁさん

バカンス前に更新が間に合ってよかったですhappy01
ゆっくり楽しまれてきてくださいねnote
木曜までには新しいこの続きもがんばって仕上げておきますcoldsweats01

それにしても三波ってやつは…こいつだけは、どうにもならんですpout

投稿: 光一郎 | 2009年6月27日 (土) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/45430742

この記事へのトラックバック一覧です: 第88話 吉宗君とめぐみちゃん、涙の再会!:

« 第87話 悪鬼西条の真実… | トップページ | 第89話 めぐみは僕が守る…! »