« やっと、頭が吉宗くんモードに(汗 | トップページ | 第98話 めぐみちゃんの悲しい叫び   »

2009年10月19日 (月)

第97話 追島と吉宗君なら、きっと…

「やっ、やめろー、馬鹿ーー!!」

ガツッ…

銀二さんの叫びも届かず、振り下ろされた刃は西条さんの肩口に鈍い音を立ててめり込んだ

「うぐおー!!」

西条さんは血走った目で振り返ると、切りかかった男を力任せに払いのけ、立ち上がって肩口の短刀に目を移し、

「ふぅーっ…」

一つ大きなため息をついた…

「危ない…危ない…、今のがもし、さっきの吉宗なみの打ち込みやったら、今頃ワイは肩から真っ二つにされとったわ…」

そう呟くと、無造作に短刀に手をかけ、ぐっと険しい顔で引き抜いた…

 

「だっ、大丈夫っすか、西条さん…」

慌てて近寄ろうとする銀二さんを、西条さんは血のついた手で制止すると、静かに笑いながら斬りかかった男に目をむけた

「踏み込みがあまいわい…踏み込みが…」

「ぐっ…あっ…おっ、おい…」

男は、後ずさりしながら仲間に救いを求めた、それにあわせて、西条さんに殴られた男が…

「なっ、なめるなコラー!」

震える手でドスを構えた…

と、その時だった…

「何をやっとるんだお前らーー!!」

突然、背後から怒鳴り声が、

「この馬鹿共がー!」

男達が慌てて振り返ると、そこには頭に包帯を巻いた、二メートルのスキンヘッド熊井さんが鬼のような顔で立っていたのだった…

 

「くっ、熊井さん!…」

「無事だったんですか?…」

「おう、俺の頭は鋼鉄製だ…それよりも、誰が、お前らにそんなもの振りまわして仕返しをしろって言ったんだ!!この馬鹿どもが!!」

「すっ、すいません、熊井さん…」

「勝手な真似しやがって…、お前らごときにかなう相手だと思っとるのか…」

熊井さんは男達を払いのけると、西条さんの前に立ち、はっと驚きの顔を見せた…

「…西条…お前その傷!?…」

西条さんは肩の傷を押さえながら薄ら笑いを浮かべると

「ほんのかすり傷や…それより熊、あれだけワイに打ちかまされて、よう生きとったもんやのう…」

「ふん…、なめるな、あんな気の抜けた打ち込みで、俺が死ぬわけねえだろうが…、それよりも、のこのこと戻って来やがって、俺がこのまま、ただで済ますと思ってるのか…」

「だから、戻って来てやったんやろが…落とし前つけにのう…」

「落とし前だ?」

「そうや、仮にも川竜一家の幹部のわれを、半殺しにしてもうた落とし前や…といっても、われにとってはかすり傷やったようやのう、ホッとしたわい…」

西条さんは、うれしそうに笑った…

 

「西条…おまえ…」

熊井さんは西条さんの様子に、首をかしげると

「お前、さっきとはまるで違う…別人の目だが、いったい?…」

「別人の目?……」

「ああ、今までの腐った目じゃねえ…昔の、そう…俺と一緒にテキヤはってたころの目だ……」

熊井さんの言葉に西条さんは、ふっと遠くを見つめると

「ああ、それやったら、さっき、ある男にぶちのめされたせいかのう…」

「お前がぶちのめされる?…」

「ふっ…、恥ずかしい話やが、めっぽう強い男が現れてのう…、ワイの得意な棒振りで、こっぴどくぶちのめされてしもたんや…」

「おっ、お前が、棒振りでだと?…」

「ああ…」

「その男ってなあ、いったい?…」 

「鬼瓦興業の一条吉宗って男や…」

「いっ、一条吉宗!?…」

熊井さんは思わず目を見開いた…同時に、熊井さんの後ろにいた男たちも、ザワツキながら驚きの顔を浮かべていた…

 

「なんや熊…、鳩が豆鉄砲もろたようなツラして…」

「吉宗が…、お前を!…」

西条さんは笑いながらうなずくと、急に真顔で後ろを振り返り…保育園の方から立ち上る煙に目をむけた

「熊…、悪いがお前との落とし前は後にしてくれんか…、あの火事、なんや嫌な胸騒ぎがするよってな…」

「火事…!?」

熊井さんはその言葉に、ふっと保育園の方角を見た

「むおっ、なっ、なんだあの煙は!?…」

「今頃気づくとは、相変わらず鈍い野郎や…、とにかくすぐに戻るよって…」

西条さんは一言そう告げると、肩を押さえたまま、ひばり保育園へ向かって走り始めた…

「吉宗が…あの西条を…」

熊井さんは走り去る西条さんを見ながら、しばらく呆然と立ち尽くしていた…

 

 

その頃、保育園では…

「ユキー!!、ユキーーーー!!」

一足先に建物のなかに飛び込んだ追島さんが、必死にユキちゃんのもとへ向かっていた…

「ちくしょう、だんだん煙で前が見えなくなってきやがった…」

追島さんは体を低くすると腕で鼻を押さえながら、煙の立ち込める奥へと向かった…

 

「ゲホゲホ…たしかあの先にユキのいた部屋があったはず…」

廊下に差し掛かった時だった、追島さんの目に、うずくまっている女性の姿が飛び込んできた…

「あんたは、たしか園長?…」

追島さんは園長を抱き起こすと、一瞬険しい顔を浮かべた…鈍器のような物で殴られたのか、園長の頭からは血が流れていたのだった…

「なっ、何だこの怪我は…おい、大丈夫か!…おい、園長!!」

園長はうっすらと目を開けると…

「ユキちゃんが…ユキちゃんが……」

必死に廊下の先を指差し、そのまま目をとじてしまった…

「おいっ!園長!!…」

追島さんは慌てて園長の胸に耳をあてると

「だ、大丈夫だ、心臓は動いている…後で戻るから待ってろよ…」

園長を安全そうな場所へ移し、一人、煙の立ち込める奥へと走っていった…

 

 

保育園の外では、消防車のサイレンがけたたましい音を立てて響き渡っていた…

サイレンの光に照らされる園庭では、心配そうに見守る、お慶さんと、めぐみちゃんたちの姿があった…

「ユキ…、ユキ…、あぁ…私がお店なんか始めたから、ユキがこんなことに…」

お慶さんは煙の立ち上る園舎の前で、泣きながらしゃがみこんでいた…

「お慶さん、だっ、だいじょうぶです…、きっと…、きっと追島さんと吉宗くんが、助け出してくれます…」

「でっ、でも、めぐみちゃん……」

「信じましょう、ねっ、お慶さん…大丈夫だって、信じましょう…」

お慶さんはめぐみちゃんの言葉に静かにうなずくと、

「神様…どうか、どうか…みんなを助けてください…助けてください…」

必死に手を合わせながら、煙の立ち上る保育園を見つめ、一瞬、はっと目を見開いた…お慶さんの視線の先、遠く離れた所に見覚えのあるスーツ姿の男が立っていたのだった… 

「けっ、研二さん?…」

男はお慶さんの元婚約者、ひばり保育園の副園長、沢村研二その人だったのだ…

 

 

「これで、この土地は俺の物だ…、燃えろ…全部、燃えてしまえ…」 

沢村はお慶さんが見ていることにも気づかず、一人薄ら笑いを浮かべながら、保育園を眺めていた…

 

「何をうれしそうに笑っとるんや…沢村…」

背後から、男の声が…沢村研二はその声に慌てて振り返った…そこには肩に手をあてながら、じっと立っている西条さんの姿があった… 

「さっ、西条さん!!」

沢村は一瞬うれしそうな顔を見せると…

「こっ、これで、あんたに金…返せますよ…、これで、はははは…」

西条さんはその言葉に顔を曇らせ… 

「思った通り…やっぱり、沢村、お前がやったんか…」

「えっ…?」

「お前が、火つけたんか?…」

沢村は静かにうなずくと、急に胸をそらせて

「おっ、俺だって、やる時はやりますよ…へへへ…見直したでしょ…へへへ…へへへへ…」

へらへら笑いはじめた…西条さんは、そんな沢村を悲しげに見ながら

「…沢村…、ワイのせいで、お前にこんな事をさせてしもうたんやな…」

「えっ?…西条さん、今、何て?…」

「ワイの軽はずみな言葉のせいで…お前に…」

西条さんは静かに頭をさげていた…沢村は不思議そうに首をかしげた

「どっ、どうしたんですか?…西条さん…これで借金が返せるんですよ…へへへ…それに、この土地は全部俺のものだ…あんたの借金返しても、おつりが来ますよ、へへへへ…」

「全部お前の?…」

「ええ、半分の権利もってた、口うるさいババアも、もういませんからね…」

「何っ!?」

西条さんの顔が、みるみると青ざめていった…

「ま、まさか我…中に人がいるの知ってて…」

「はっ、はい…、口うるさい園長と、そうそう、西条さん、あんたも聞いたら喜ぶガキが一人…中に閉じ込められていますよ…へへへ、へへへへ…」

「がっ、ガキ?…」

「はい、あんたが憎んでいる、追島の野郎の娘ですよ…」

「なっ、なんやとーー!?「」

西条さんはぶるぶると体を震わせはじめた…

「ワイの嫌な胸騒ぎは、こっ、これやったんか…」

 

「追島も、俺を振りやがったあのバツイチ女も…いいざまだ…へへへ…へへへへ…」

「何がいいざまや…」

「えっ!?…」

「自分の子供が焼き殺される親の気持ちがどんなものか、我、わかっとるんか……こっ、このガキ…」

西条さんは、沢村の首を鷲づかみにすると、そのまま頭上たかく持ち上げ、片手で力任せに締め上げた…

「このガキが…こっ、このガキが…ぐおあぁーーーーー!」

メキメキ…メキメキ…

「ぐえっ…くるしい…苦しい…西条さん……」

「おどれのようなガキは、生きとる価値もない…ぐおぉーーー!」

「くえぇーーーーー」

沢村の口からまっしろい泡がふきだしはじめた…その時だった…

「竜一さん、ダメー!!」

離れた所から女性の叫び声が…、西条さんはハッと我に帰ると、声の方に顔を向けた…そこにはお慶さんが、涙顔で立っていたのだった…

 

「お慶ちゃん!!…」

「だめよ竜一さん…ダメ…」

お慶さんは静かに首を振りながら、西条さんの腕に手をかけた…

「ユキなら、だっ、大丈夫…大丈夫だから…」

「大丈夫?…なんでや?…」

「今…追島と吉宗君が…助けに向かっているから…だから…」

「追島と吉宗が!?…」

「うん…だから、大丈夫…ぜったいにユキは大丈夫だから…」

「お慶ちゃん…」

「きっと大丈夫…、ユキも吉宗くんも…そして、追島もきっと、きっと無事に中から出てくるから…出てくるから…」

お慶さんはそう言いながらも、ポロポロと涙をこぼし続けた…

 

「お慶ちゃん、すまん…全部ワイのせいや…ワイのせいやーーーー!!」

西条さんは、顔をぐしゃぐしゃにゆがめると、力任せに沢村研二を地面にたたきつけた、そして煙の立ち上る園舎に顔を向けると…

「うおおおーーー追島ーーーー!、吉宗ーーーーー!!」

燃え上がる建物の中まで届くくらいの、大きな叫び声をあげ続けたのだった……

続き
第98話 めぐみちゃんの悲痛な叫び へ…

イラストカットは近日アップします^^

Megulank_2
青いボタンのどれか一つと下の恐いおじさん達のイラストをポチしてねlovely
にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
Banar←これも押してくれるとうれしいのらーcrying

good↑侠客☆吉宗くんの他、楽しい
ブログがいっぱい紹介されているサイトです

 

|

« やっと、頭が吉宗くんモードに(汗 | トップページ | 第98話 めぐみちゃんの悲しい叫び   »

第一章 侠客鬼瓦興業」カテゴリの記事

コメント

な、な、涙がweep
みんな助かって~bearing

投稿: けんさぁ | 2009年10月19日 (月) 11時08分

けんさぁさん

更新お待たせしてすいませんでしたーcoldsweats02
どうにか落ち着いて新しいお話アップできました…
さてさて、これからどうなっていくのやら、楽しみにしていてくださいねhappy01

税務調査で疲れた頭から、吉宗君モードへの切り替え、苦労しました…
脱税をしているわけではないのですが、非常に疲れる日々でした…

ps吉宗君たちが大変な時になんですが、今度の日曜京都でトライアンフマー君が走りますよー^^

菊花賞出走です。いまから楽しみでワクワクしていますnote

投稿: 光一郎 | 2009年10月19日 (月) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166831/46483258

この記事へのトラックバック一覧です: 第97話 追島と吉宗君なら、きっと…:

« やっと、頭が吉宗くんモードに(汗 | トップページ | 第98話 めぐみちゃんの悲しい叫び   »